香南[町](読み)こうなん

百科事典マイペディアの解説

香南[町]【こうなん】

香川県中部,高松市の南に接する香川郡の旧町。北半部は天井川をなして流れる香東(こうとう)川左岸の沖積低地で,溜池灌漑(ためいけかんがい)による米麦作,野菜栽培,酪農を行うほか,カキ,ブドウも産する。南端の丘陵地帯に,1989年高松空港が開港した。2006年1月木田郡庵治町,牟礼町,香川郡香川町,綾歌郡国分寺町と高松市へ編入。14.72km2。8072人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうなん【香南[町]】

香川県中部,香川郡の町。人口7792(1995)。北部は讃岐平野の南端に位置し,南部は讃岐山脈北麓の丘陵地帯。北部は北流する香東川により形成された扇状地で,古くから溜池灌漑による米作を中心とした純農村地帯である。近年は米に果樹,酪農を取り入れた複合経営となり,讃岐富有ガキの中心産地の一つである。北接する高松市への通勤者が多い。南端の丘陵地帯には1989年に高松空港が完成した。【赤池 享一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android