コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髪飾 かみかざり

世界大百科事典 第2版の解説

かみかざり【髪飾】

髪にさしたり巻いたりして髪形や顔をひきたて,あるいは頭髪の乱れを防ぐ等の目的をもつ装身具。既に旧石器時代に貝の髪飾が使われたことが知られている。他の装身具類と同様多面的な用途をもち,保温・防備などの実用的な目的から,信仰心の反映であるもの,装飾本能や美的本能をみたすもの,そして性別,身分,集団への帰属などを象徴するものなどに分けられる。一般に,被り物や頭飾との区別がつきにくいものが多い。被り物系統の帽子頭巾手ぬぐいなども広義の髪飾に含まれるものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

髪飾の関連情報