髪飾(読み)かみかざり

世界大百科事典 第2版の解説

かみかざり【髪飾】

髪にさしたり巻いたりして髪形や顔をひきたて,あるいは頭髪の乱れを防ぐ等の目的をもつ装身具。既に旧石器時代の髪飾が使われたことが知られている。他の装身具類と同様多面的な用途をもち,保温・防備などの実用的な目的から,信仰心の反映であるもの,装飾本能や美的本能をみたすもの,そして性別身分,集団への帰属などを象徴するものなどに分けられる。一般に,被り物頭飾との区別がつきにくいものが多い。被り物系統の帽子頭巾手ぬぐいなども広義の髪飾に含まれるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ‐かざり【髪飾】

〘名〙 髪を(くし)、簪(かんざし)、笄(こうがい)などで飾ること。また、それらの装飾品。頭(かしら)飾り。
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)相の山「ヲヲかみかざりは仮の戯れ。〈略〉只今某が切髪は阿字の一刀。彌陀の利劔をもって煩悩の絆とく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android