コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦茶 むぎちゃ

9件 の用語解説(麦茶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

麦茶
むぎちゃ

大麦の穎果を軽く炒ったものを湯で煎じてつくる飲料。現在は簡易タイプの水だしパックが普及している。おもに冷却して飲用する。西日本では裸麦が用いられる。ビタミン B1 が多く,さっぱりして,特に夏の飲料として親しまれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むぎ‐ちゃ【麦茶】

大麦を殻のついたまま煎(い)ったもの。また、それを煎(せん)じた湯。香ばしく、夏に冷やして飲むことが多い。麦湯。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

麦茶【むぎちゃ】

麦湯とも。オオムギを玄麦のまま炒(い)ったもの。煮出して茶と同様に飲用。こうばしく風味があり,ビタミンB1の含有量も多い。夏,冷やして飲むことが多く,好みで砂糖や塩を加える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

麦茶

 オオムギを煎ったもの,もしくはそれを熱水で抽出した飲料.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

むぎちゃ【麦茶】

《栄養と働き&調理のポイント
 殻(から)のまま煎(い)った六条(ろくじょう)種の大麦を、熱湯で煮出した飲みものが麦茶です。
 以前は夏の風物詩的存在でしたが、現在ではペットボトル入りや缶入りの市販品も多く出回っていて、夏だけでなく1年を通じて楽しまれるようになりました。
○栄養成分としての働き
 栄養的にみた場合、材料の大麦に由来するカルシウムカリウム、リンなどが含まれていますが、その量はわずかで、麦茶からそれらを摂取することは期待薄。
 しかし最近、麦茶に含まれるなんらかの成分に、血液をサラサラにして血流を促進する働きがあるということが報告されました。
 つまり、麦茶が血栓症(けっせんしょう)、脳梗塞(のうこうそく)などの予防・改善にも役立つ可能性がみえてきたわけです。
○漢方的な働き
 麦茶には体のほてりを鎮める作用や胃腸の働きをととのえる作用、利尿作用などがあり、夏バテ、むくみ、膀胱炎(ぼうこうえん)などの改善に役立ちます。
 麦茶を風味よくつくるには、1リットルのお湯が沸騰したところに30~40gの麦茶を入れ、10分程度煮出すのがコツ。
○注意すべきこと
 なお、冷え症や冷えによる下痢(げり)などの症状がある場合、麦茶は体を冷やすので、ひかえたほうがいいでしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版の解説

むぎちゃ【麦茶】

麦湯ともいう。オオムギを殻つきのままいったもので,煮出して茶同様に飲用する。オオムギを焙焼(ばいしよう)することで生じた香気と独特の風味があり,夏季に冷たくして用いることが多い。最近ではティーパック詰のものが市販されており,これは水で浸出するだけで飲める。18世紀末ころから,江戸には麦湯を売る店があった。夏の夕方になると道ばたに〈麦湯〉と書いた行灯を出し,若い女が客を呼ぶ姿は明治になっても見られたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むぎちゃ【麦茶】

大麦を殻のまま炒って、煮出した飲み物。夏、冷やして飲む。麦湯。 [季] 夏。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

むぎちゃ【麦茶】


大麦を殻つきのまま焙煎(ばいせん)して飲料用に加工したもの。煎じて飲む。麦を炒った香ばしい香りがある。あたたかいまま飲むこともあるが、夏に冷やして飲むことが多い。◇「麦湯」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麦茶
むぎちゃ

オオムギを炒(い)り、熱湯で煮だした飲み物。麦湯ともいう。熱いまま飲むこともあるが、一般には冷たくして夏の飲料とする。麦を炒った香ばしい香りがある。現在は、麦類を炒った炒り麦のことも、炒り麦を熱湯で浸出した液も麦茶と称しているが、以前は浸出した液は麦湯といって、炒り麦とは区別していた。麦類を炒って飲料とする風習は、煎茶(せんちゃ)飲用の普及よりずっと古くからあったといわれる。江戸時代の文化・文政(ぶんかぶんせい)(1804~30)ごろには、麦茶は商売として売り出されるようになり、江戸の町々には麦湯店が現れ、たいへん繁盛した。炒り麦(麦茶)を買って、家庭で麦茶をつくるようになったのは明治中ごろからである。麦茶は、熱湯中に炒った麦を入れてから4~5分は煮立てたほうが、色も香りもよく出る。味を引き立てるために塩を少量加えることもある。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麦茶の関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードGポイントSuicaポイントツイスト テクノポイントプリンスポイントカードボーナスポイントポイント方式ヒッティングポイント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

麦茶の関連情報