コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PM2.5 ぴーえむにーてんごParticulate Matter 2.5

知恵蔵miniの解説

PM2.5

粒子状物質のうち、粒径が2.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下のもの。微小粒子状物質という呼び方もある。ディーゼル車などから直接排出される「1次粒子」と、大気中での光化学反応などによって、窒素酸化物などのガス成分から作られる「2次粒子」に分類される。粒が小さいため肺の奥深くまで入り込みやすく、ぜんそく肺がんなどのほか、不整脈や心臓発作、花粉症など循環器への影響も指摘されている。大気汚染の原因物質とされている浮遊粒子状物質(SPM)は、環境基準として「大気中に浮遊する粒子状物質であってその粒径が 10マイクロメートル以下のものをいう」と定められているが、それよりもはるかに小さい。2012年10月、東京近郊で発生した排ガスなど汚染物質の微粒子が光化学反応を起こしてPM2.5などの微小粒子状物質が生成され、南風で運ばれた結果、北関東で高濃度になっていることが国立環境研究所の研究チームによる分析で分かった。

(2012-10-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

PM2.5

大気を漂う粒子状の物質で、大きさ(粒径)が2.5マイクロメートル以下のもの。吸い込むと肺の奥まで入りやすく、肺がんやぜんそくを引き起こす危険性がある。自動車の排ガスや工場のばい煙などから発生する。

(2013-04-04 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

PM2.5【ピーエムにてんご】

大気中に浮遊している微小粒子物質。2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のこと。非常に小さいため,肺の奥深くまで入りやすく,肺がんなど呼吸器系への影響に加え,循環器系の疾患をもたらす可能性が高く,影響が懸念されている。
→関連項目煙霧スモッグ都市公害

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

PM2.5
ピーエムにてんご

大気中に浮遊している,直径が 2.5μm以下の微粒子(1μm=0.001mm)。微小粒子状物質と呼ばれることもある,大気汚染物質の一つ。一般に大気汚染の原因となる微粒子を粒子状物質 particulate matterという。日本では従来から,直径が 10μm以下の浮遊粒子状物質 SPMについては環境基準を定め対策が進められてきた。しかし 21世紀になって,より微細な浮遊粒子状物質である PM2.5が,呼吸器系や循環器系への影響,発癌性(→),喘息(→気管支喘息)の原因となりうることなどが指摘されるようになり,2009年には環境基準が定められた。さらに 2013年春以降,中国大陸における甚大な大気汚染の発生に伴う社会的関心をうけて対策がとられ,大気汚染防止法に基づき環境省や地方自治体が全国の 700ヵ所以上で PM2.5の常時監視を行なっている。発生メカニズムには,物の燃焼などで直接排出される場合と,硫黄酸化物 SOxや窒素酸化物 NOx,揮発性有機化合物 VOCなどガス状の大気汚染物質が大気中で化学反応して粒子化する場合の 2通りある。おもな発生源には,ディーゼルエンジン車(→ディーゼル機関)や工場,石炭発電所などからの排ガス,煤煙粉塵などの人為起源と,土壌や火山などから発生する自然起源のものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PM2.5
ぴーえむにーてんご

粒径2.5マイクロメートル以下の非常に微細な物質。PMはparticulate matterの略で、微粒子と訳される。スーパーPM、微小粒子状物質ともいう。火山灰や森林火災時に発生する自然由来のものに加え、石炭火力、あるいは自動車の排気ガスなどに含まれ、大気汚染の原因物質となる。その主体は硫酸塩であり、石炭やガソリンを燃やすと発生する二酸化硫黄(いおう)が空気中で酸化することで生成される。ほかに亜鉛、銅、スズなどの重金属も含まれている。こうした物質を一定量以上吸引すると、気管支を通過し肺の奥まで入って付着し外部に排出できないため、喘息(ぜんそく)、気管支炎、肺癌(はいがん)をはじめとする呼吸系・循環器系の疾患をもたらすことがわかっている。日本では、1973年(昭和48)に環境基準を定め、大気中に浮遊する粒径10マイクロメートル以下のPM10については排出を規制してきたが、2009年(平成21)にはPM2.5に対して、より厳しい環境基準(1日平均、1立方メートル当り35マイクログラムまで)を設定した。中国ではその基準がゆるく、石炭火力や自動車の排気ガスから大量のPM2.5が発生することが知られている。2013年、中国で発生したPM2.5が、偏西風の影響が強くなる1月~3月にかけて日本に飛来、各地で日本の環境基準を超える値を観測した。とくに九州地方でその影響が大きい。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

PM2.5の関連キーワード大気汚染測定局黄砂アレルギーリコノミクスPM0.1越境汚染

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

PM2.5の関連情報