コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

iPS細胞 あいぴーえすさいぼうInduced Puluripotent Stem cells

知恵蔵の解説

iPS細胞

人工多能性幹細胞」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

iPS細胞

血液や皮膚の細胞からつくることができる万能細胞。無限に増やせ、体の様々な細胞になれる。人の組織に変えて移植する「再生医療」のほか、これを使って薬の候補を探し出す「創薬」への応用が期待されている。ストック計画のiPS細胞を目の細胞に変えて網膜の病気を治療する臨床研究を今年、理化学研究所などのチームが始めたほか、神経の細胞に変えて脊髄(せきずい)損傷の患者を治療したり、心臓の筋肉の細胞に変えて重い心不全の患者の手術に使ったりするための準備が進む。山中所長らの研究グループが2006年にマウス、07年にヒトで初めて作製に成功し、山中さんは12年にノーベル医学生理学賞を受賞した。

(2017-12-06 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイピーエス‐さいぼう〔‐サイバウ〕【iPS細胞】

induced pluripotent stem cell万能細胞の一種。幹細胞と同様に増殖して各種の細胞へと分化することが可能な細胞。平成18年(2006)、山中伸弥らがマウスの体細胞初期化因子とよばれる数種類の遺伝子を導入することで、初めて作製に成功。ES細胞は受精卵から採取して作るため倫理的に問題があるが、この細胞は皮膚細胞などから作り出すことができる。また、自分の体細胞から臓器などを作れば拒絶反応を回避できるため、再生医療への応用が期待される。誘導多能性幹細胞新型万能細胞。人工多能性幹細胞。
[補説]頭文字の小文字の「i」は、当時流行していた米国アップル社のデジタルオーディオプレーヤーiPodのように世界中に普及してほしいという山中の願いから付けられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

iPS細胞【アイピーエスさいぼう】

2006年8月,山中伸弥京大教授(現iPS細胞研究センター長)がマウスの皮膚細胞(線維芽細胞)からES類似細胞を樹立(2005年)と発表し,この細胞をiPS細胞(人工多能性幹細胞)と命名した。
→関連項目再生医療法STAP細胞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

iPS細胞
アイピーエスさいぼう

人工多能性幹細胞」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

iPS細胞
あいぴーえすさいぼう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

iPS細胞の関連キーワードライフイノベーション国際戦略総合特区最先端研究開発支援プログラムES細胞とiPS細胞の特徴ダイレクトリプログラミング京都大学iPS細胞研究所ルドルフ イエーニッシュジストロフィン遺伝子iPS細胞とES細胞ES細胞とiPS細胞iPS細胞の臨床応用遺伝子組み換えマウスiPS細胞の実用化捏造認定された論文筋ジストロフィーiPS細胞と特許キム カンスーレトロウイルス幹細胞と分化ミューズ細胞リプロセル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

iPS細胞の関連情報