コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《オットー》 おっとー

世界大百科事典内の《オットー》の言及

【クリンガー】より

…ドイツの〈シュトゥルム・ウント・ドラング〉の劇作家。ゲーテの《ゲッツ》にならった《オットー》(1775),ルソーとシェークスピアの影響の下に天才の情熱と自由への渇望をえがく《双生児》や《シュトゥルム・ウント・ドラング》(ともに1776)などがあるが,ロシアにおもむいた後の小説《ファウストの生涯と行動と地獄落ち》(1791)では,天才主義から離れ,古典主義的教養思想への接近を示している。【長屋 代蔵】。…

※「《オットー》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《オットー》の関連キーワードストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・コーミッシェ・オーパー管弦楽団ロサンゼルス・フィルハーモニックリウトプランド(クレモナの司教)エムデンマイエルホーフ経路ウィンザーの陽気な女房たちヨハネス16世(17世)オットー ヴァイニンガーオットー ワイニンガーヒューマン・ファクターピッツバーグ交響楽団ダンシング・ヒーローオットー ヴァラッハハインリヒ[2世]ベルリン・天使の詩レヒフェルトの戦いベレンガーリョ2世オットー レーヴィウォルプスウェーデヨハネス[12世]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《オットー》の関連情報