コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《石童丸》 いしどうまる

世界大百科事典内の《石童丸》の言及

【永田錦心】より

…増加する門弟を組織して1908年には一水会を発足させ活躍したので,この一派は錦心流と呼称されるようになった。《石童丸》ほか多数の作品の創作があり,その教習および演奏によって全国的なレベルで隆盛し,御前演奏をもつとめた。他の邦楽ジャンルや美術,文芸その他にも実践的に通暁しており,そのために伝統的語法を十分に尊重しながら新しい芸術表現を追求する方法ができたといえる。…

※「《石童丸》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《石童丸》の関連キーワード和歌山県橋本市学文路苅萱桑門筑紫いえづと橘旭翁(初代)苅萱桑門筑紫𨏍榎本 芝水永田 錦心苅萱・刈萱小林 ハル大林 静子小林ハル永田錦心苅萱道心高野山新内節橘旭翁猿芝居石童丸苅萱堂学文路往生寺

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

《石童丸》の関連情報