おさん・茂兵衛(読み)おさん・もへえ

百科事典マイペディアの解説

おさん・茂兵衛【おさん・もへえ】

浄瑠璃《大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)》の通称。近松門左衛門作,1715年初演。1683年に処刑された,京の大経師の女房おさん姦通(かんつう)事件を脚色。井原西鶴の《好色五人女》にも扱われた,貞淑なおさんが手代茂兵衛とふとしたことで通じ,召しとられて処刑される悲劇で,歌舞伎劇化もされている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

おさん・茂兵衛 おさん・もへえ

浮世草子,浄瑠璃(じょうるり)などの登場人物。
京都の商家,大経師(だいきょうじ)家の妻おさんと手代の茂兵衛は密通,丹波にかくれるが発見され,天和(てんな)3年(1683)粟田口(あわたぐち)で磔(はりつけ)となる。この事件を題材に井原西鶴が「好色五人女」に,近松門左衛門が「大経師昔暦」に脚色した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android