コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふわり フワリ

デジタル大辞泉の解説

ふわり〔ふはり〕

[副]
柔らかくふくらんださま。「ふわりと仕上がったパン」
軽く浮きただよっているさま。また、軽々と飛ぶさま。「ふわりと飛び上がる」
軽くやわらかい物をそっと何かの上に覆うさま。「コートをふわりと羽織る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふわり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
軽くやわらかいさま。 「 -とした綿菓子」
軽くゆるやかに浮かびただようさま。 「パラシュートで-と降りる」
軽い物でそっとおおうさま。 「 -と毛布をかけてやる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ふわりの関連キーワード舞い降りる・舞降りる淡雪揚げ/泡雪揚げ泡雪揚げ・泡雪揚愛媛県松山市大浦吹き流し・吹流しパラシュート五月女ケイ子三重県鳥羽市ユウレイグモファブリーズマシュマロ神崎ゆう子佐藤あずさ北川裕子舞降りるふんわりコートふわと毛布

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふわりの関連情報