ふわり(読み)フワリ

デジタル大辞泉の解説

ふわり〔ふはり〕

[副]
柔らかくふくらんださま。「ふわりと仕上がったパン」
軽く浮きただよっているさま。また、軽々と飛ぶさま。「ふわりと飛び上がる」
軽くやわらかい物をそっと何かの上に覆うさま。「コートをふわりと羽織る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふわり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
軽くやわらかいさま。 「 -とした綿菓子」
軽くゆるやかに浮かびただようさま。 「パラシュートで-と降りる」
軽い物でそっとおおうさま。 「 -と毛布をかけてやる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふわり ふはり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 軽いものが浮き漂うさま、また、動作が非常に身軽であるさまを表わす語。
※俳諧・おらが春(1819)「蝶蝶のふはりととんだ茶釜哉」
② 軽い物をそっと何かの上におおうさまを表わす語。
洒落本・山下珍作(1782)息子「てぬぐひをふわりとかぶり口にくわへて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふわりの関連情報