コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くなくな クナクナ

デジタル大辞泉の解説

くな‐くな

[副](スル)
物がたわむさま。また、しなるさま。しなしな。
「小関は、白い手頸を―させて振り」〈高見故旧忘れ得べき
急に力が抜けて萎(な)えるさま。へなへな。
「―と成ると、とんと橋の上へ、真俯向(まうつむ)けに突伏(つっぷ)して」〈鏡花・日本橋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くなくな

( 副 ) スル
たわみ、しなうさま。また、萎えるさま。くにゃくにゃ。くたくた。 「手を-(と)振る」
動作が女性的なさま。くねくね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

くなくなの関連キーワード干上がる・乾上がる・干上る・乾上る言い古す・言古す・言い旧す愛想も小想も尽き果てる干涸びる・乾涸びる心神耗弱と心神喪失現代美術と写真コアシウミシダ当世書生気質トゲイヌツゲすってんてんロプノール嗅神経麻痺胃液欠乏症垣ノ島遺跡サマーディdiald文館詞林一念不生しなくな多田南嶺