コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃきっと シャキット

デジタル大辞泉の解説

しゃきっ‐と

[副](スル)
緩んだ気持ちなどが、引き締まるさま。また、姿勢や態度が引き締まっているさま。「風にあたって気分がしゃきっとする」「年をとってもしゃきっとしている」
軽い歯ごたえがあり、それでいて歯切れのよいさま。「しゃきっとしたセロリ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃきっと

( 副 ) スル
(野菜などが)ほどよい硬さで歯切れよく快いさま。しゃきしゃき。 「 -したレタス」
気持ちなどがしっかりしているさま。しゃっきり。 「もっと-しろ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

しゃきっとの関連キーワードクリアクリーンチェンジ尾花沢すいかかきチシャザーサイ歯切れレタス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しゃきっとの関連情報