しゃきっと(読み)シャキット

デジタル大辞泉の解説

しゃきっ‐と

[副](スル)
緩んだ気持ちなどが、引き締まるさま。また、姿勢や態度が引き締まっているさま。「風にあたって気分がしゃきっとする」「年をとってもしゃきっとしている」
軽い歯ごたえがあり、それでいて歯切れのよいさま。「しゃきっとしたセロリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃきっと

( 副 ) スル
(野菜などが)ほどよい硬さで歯切れよく快いさま。しゃきしゃき。 「 -したレタス」
気持ちなどがしっかりしているさま。しゃっきり。 「もっと-しろ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しゃきっとの関連情報