コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂う タダヨウ

デジタル大辞泉の解説

ただよ・う〔ただよふ〕【漂う】

[動ワ五(ハ四)]
空中・水面などに浮かんで揺れ動く。一つ所にとどまらずゆらゆら動いている。「波のまにまに―・う」「空を―・う雲」
あてもなくあちこち歩く。さまよう。「異郷に―・う」「他国を―・い歩く」
香りなどが風に運ばれたりしてそのあたりに満ちる。「梅の香が―・う」
ある雰囲気やけはいがそのあたりに満ちている。そのあたりに何となく感じられる。「妖気が―・う」「険悪な空気が―・う」
落ち着かない。不安定である。
「そのすぢとも見えず―・ひたる書きざま」〈・常夏〉
ひるむ。たじろぐ。
「少しも―・はず戦ひける間、人馬共に気疲れて」〈太平記・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ただよう【漂う】

( 動五[四] )
空中や水中に浮いて、風や波などに、運ばれるままに動く。 「舟は波間を-・った」 「雲が-・う」
あてもなく歩き回る。 「夜の町を-・い歩く」
香り・雰囲気などが感じられる。 「花の香が-・ってきた」 「不穏な空気が-・っている」
頼りない状態で暮らす。 「はしたなうてこそ-・はめ/源氏 真木柱
安定しないでふらふらする。 「足ガ-・ウテ行ク/日葡」
ひるむ。たじろぐ。 「少しも-・はず戦ひける間/太平記 14

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漂うの関連キーワード石橋江戸神輿・神仏具デフレクターパネルそこはかとないジャスミン茶セナンクールどんぶらこアイオロス追ひ風用意桑山忠明香光荘厳天人五衰星間偏光ペーソス弓削皇子鬼哭啾啾脂粉の香波小舟木の香風任せ立迷う

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漂うの関連情報