コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂う タダヨウ

2件 の用語解説(漂うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ただよ・う〔ただよふ〕【漂う】

[動ワ五(ハ四)]
空中・水面などに浮かんで揺れ動く。一つ所にとどまらずゆらゆら動いている。「波のまにまに―・う」「空を―・う雲」
あてもなくあちこち歩く。さまよう。「異郷に―・う」「他国を―・い歩く」
香りなどが風に運ばれたりしてそのあたりに満ちる。「梅の香が―・う」
ある雰囲気やけはいがそのあたりに満ちている。そのあたりに何となく感じられる。「妖気が―・う」「険悪な空気が―・う」
落ち着かない。不安定である。
「そのすぢとも見えず―・ひたる書きざま」〈・常夏〉
ひるむ。たじろぐ。
「少しも―・はず戦ひける間、人馬共に気疲れて」〈太平記・一四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ただよう【漂う】

( 動五[四] )
空中や水中に浮いて、風や波などに、運ばれるままに動く。 「舟は波間を-・った」 「雲が-・う」
あてもなく歩き回る。 「夜の町を-・い歩く」
香り・雰囲気などが感じられる。 「花の香が-・ってきた」 「不穏な空気が-・っている」
頼りない状態で暮らす。 「はしたなうてこそ-・はめ/源氏 真木柱
安定しないでふらふらする。 「足ガ-・ウテ行ク/日葡」
ひるむ。たじろぐ。 「少しも-・はず戦ひける間/太平記 14

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漂うの関連キーワード諍う為合う衒う綯う似通う舫う肯う押合う化粧う報う

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漂うの関連情報