ぴんしゃん

精選版 日本国語大辞典「ぴんしゃん」の解説

ぴん‐しゃん

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 勢いよくはね上がったり、そり返ったりするさま、年のわりに元気のいいさまを表わす語。びんしゃん
※明治浮世風呂(1887)〈浮世粋史〉二五「今し方(がた)うちを出るまでピンシャンして居たんだがマア何(どう)した事だらう」
を立ててぷりぷりするさま、他人に対してすげない態度をとるさまを表わす語。つんけん。つんつん。ひんしゃん。びんしゃん。ぴんしゃんぴん。
※雑俳・登梯子(1705)「ぴんしゃんと猫の顔ふるきらず食」
歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)二「ぴんしゃんして、長門之介の(そば)をばたばたと歩いて」
[補注]別に「ひんしゃん」「びんしゃん」の形も見られるが、近世の資料ではその清濁が判然としないので、便宜上底本の清濁(校訂も含める)に従って分けた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぴんしゃん」の解説

ぴん‐しゃん

[副](スル)《「びんしゃん」とも》
年齢のわりに元気でしっかりしているさま。「かなりの高齢だがぴんしゃん(と)している」
腹を立てて動作が荒々しくなるさま。つんけん。つんつん。
「―して、長門之介の傍をばたばたと歩いて」〈伎・韓人漢文〉
[類語](1ぴんぴんしゃんとしゃんしゃんしゃきっとしゃっきり不死身強靭タフ生き生き意気軒昂けんこう老健健やか強い元気健康丈夫無病息災無事健勝清勝壮健健全達者まめつつがない息災強壮強健頑健矍鑠かくしゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android