ぺろっと

デジタル大辞泉の解説

[副]
瞬間的に大きく舌を出すさま。人をからかうときや照れ隠しのしぐさにいう。ぺろり。「ぺろっと舌を出す」
舌をちょっと出して口のまわりなどをなめるさま。ぺろり。「ぺろっと唇をなめる癖がある」
食べ物を短時間に余さず食べてしまうさま。ぺろり。「御馳走をぺろっと平らげる」
薄いものが一気にはがれるさま。ぺろり。「皮がぺろっとむけた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① 舌を出すさまを表わす語。多く、人を揶揄(やゆ)する時や、照れた時のしぐさについていう。
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉五「自分と顔を見合はせると、ペロッと赤い舌を出した」
② 舌でなめるさまを表わす語。
③ 短い時間に残らず食べてしまうさまを表わす語。また、比喩的にまたたく間に炎がものを焼きつくしてしまうさまを表わす語。
※城のある町にて(1925)〈梶井基次郎〉雨「一升ほど持って帰っても、ぢきにぺろっと失くなるのやさうで」
※風(1951)〈永井龍男〉上「去年の暮れに、ペロッと焼けたもんですから」
④ 薄いものがはがれるさまを表わす語。
※地の群れ(1963)〈井上光晴〉八「自分も顔の皮がぺろっと剥げるごと怪我さしたときいとったけど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぺろっとの関連情報