ぽちゃぽちゃ(読み)ポチャポチャ

デジタル大辞泉の解説

ぽちゃ‐ぽちゃ

[副](スル)
水がはねたり、揺れ動いたりするときの音や、そのさまを表す語。「ぽちゃぽちゃ(と)音をさせて洗い物をする」
顔やからだつきがふっくらと愛らしいさま。「ぽちゃぽちゃ(と)よく太った赤ん坊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぽちゃぽちゃ

( 副 ) スル
浅い水をかき乱したり、水が物にはねかかったりして出る音を表す語。 「川岸で-(と)水遊びをする」
ふっくらとして愛らしいさま。 「色白の-(と)した女性」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぽちゃ‐ぽちゃ

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 肥えてふっくらとしているさま、特に、顔やからだつきが、ふっくらとして愛らしいさまを表わす語。ぼちゃぼちゃほちゃほちゃ
洒落本・後編風俗通(1775)属威風四相「きめこまかにぽちゃぽちゃとやはらかそう也」
② 水が物に当たって飛び散る音や、水が揺れ動く音、また、そのさまを表わす語。ぼちゃぼちゃ。
※闇夜の梅(1900頃)〈三遊亭円朝〉一「ポチャポチャポチャと水をかけて手を洗ひ」
[2] 〘名〙 風呂、または風呂にはいることをいう幼児語

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android