コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトサヌプリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトサヌプリ

北海道東部,阿寒国立公園にある火山活火山で,常時観測火山。跡佐登とも書く。別称硫黄山。標高 508m。弟子屈町に属する。山岳名はアイヌ語で裸の山の意。屈斜路カルデラの中央部に形成されたアトサヌプリ火山群の一つで,噴気活動を続けている。外輪山に囲まれた中央火口丘山腹に「熊落し」と呼ばれる爆裂火口,火口丘のふもとには多数の硫気孔があって硫黄の結晶をつくる。1876年川湯硫黄鉱山として採掘されたが,1963年に閉山。山麓はハイマツ,エゾイソシロツツジの群落で覆われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アトサヌプリ

《アイヌ語で「裸の山」の意》北海道東部、弟子屈(てしかが)町にある標高512メートルの火山。屈斜路(くっしゃろ)カルデラに生じた火山群の一。噴気口から絶えず硫黄を噴出しているため、硫黄(いおう)山ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アトサヌプリ

北海道東部,阿寒国立公園に属する屈斜路(くっちゃろ)カルデラの中央火口丘。跡佐登とも書き,硫黄(いおう)山ともいう。標高512m。北西のマクワンチサップと双子山を形成する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アトサヌプリ

硫黄山ともいう。北海道東部,釧路支庁管内弟子屈(てしかが)町にある活火山。標高512m。山名はアイヌ語で裸山の意。漢字では跡佐登を当てる。川湯温泉の南方3kmにあり,山体の径1kmほどの溶岩円頂丘である。屈斜路カルデラの中央部に噴出したデイサイトの溶岩円頂丘群の一つで,ほかにマクワンチサップ(574m),サワンチサップ(521m),仁伏(にぶし)オヤコツ,トサモシベ,オプタテシケなどがある。これらのうち,アトサヌプリは山体の多数の硫気孔が爆発音をたてて盛んに活動しており,山腹には大きな爆裂火口が開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトサヌプリ
あとさぬぷり

北海道東部、釧路(くしろ)総合振興局管内の弟子屈(てしかが)町、川湯(かわゆ)温泉付近にある火山。硫黄(いおう)山ともいう。アトサヌプリはアイヌ語で「裸の山」の意。標高512メートル。屈斜路(くっしゃろ)カルデラ内に噴出したアトサヌプリ火山群の一つで、山腹には熊(くま)落としとよばれる爆発火口、山頂部には輝石安山岩で構成された外輪山のなかに溶岩円頂丘がみられる。阿寒(あかん)国立公園の一部で、山麓(さんろく)は多数の噴気孔とイソツツジ、ハイマツなど高山植物の大群落がみられる。[古川史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アトサヌプリの関連キーワード硫黄山(北海道、知床半島)硫黄山(アトサヌプリ)北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(北海道)弟子屈[町]弟子屈(町)日本の活火山川湯[温泉]千島火山帯大井上輝前屈斜路湖摩周湖藻琴山津別峠

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android