アレルギー性疾患(読み)アレルギーセイシッカン

百科事典マイペディアの解説

アレルギー性疾患【アレルギーせいしっかん】

アレルギー性鼻炎,花粉症気管支喘息(ぜんそく),アレルギー性胃腸炎,蕁麻疹(じんましん),接触性皮膚炎,アトピー性皮膚炎血清病など免疫反応によって起こると考えられる疾患。原因となる抗原(アレルゲン)はさまざまで,牛乳,鶏卵のような食品,アンチピリン,サルファ剤のような薬品,花粉,ダニ,ハウスダストなど。この種の疾患は同じ条件下でもすべての人に起こるものでなく,かかりやすい素質(アレルギー素質)の人に多く起こり,この素質には遺伝的関係が濃い。
→関連項目アレルギーアレルギー・マーチアレルゲン気候療法気象病減感作療法抗ヒスタミン薬小児喘息太陽灯甜茶リウマチ熱

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アレルギーせいしっかん【アレルギー性疾患】

アレルギーによる疾患。蕁麻じんま疹・気管支喘息きかんしぜんそく・枯草熱・花粉症、薬物に対する特異反応、血清病などを含める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アレルギーせい‐しっかん ‥シックヮン【アレルギー性疾患】

〘名〙 アレルギーによる疾患のこと。気管支喘息(ぜんそく)、蕁麻疹(じんましん)、アレルギー性鼻炎、薬物過敏症など。
※栂の夢(1971)〈大庭みな子〉一「こうしたアレルギー性疾患の多くは気分の持ちようが大きく影響して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアレルギー性疾患の言及

【アレルギー】より


[アレルギー研究の歴史]
 アレルギー反応は古くから知られており,前1世紀にはすでにルクレティウスが〈甲の薬は乙の毒〉ということわざを残しているが,現在での食事アレルギーに対する言葉として理解できる。また,ガレノスが150年ころにヤギ乳について同様のことを注意した記録があるし,バビロニアの《タルムード》には卵白によるアレルギー性疾患と思われるものの予防法が書かれている。1565年にイタリア人の医師ボタロは花の花粉によると考えられるアレルギー性鼻炎を記載している。…

※「アレルギー性疾患」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アレルギー性疾患の関連情報