コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド・ヨーロッパ語族 インドヨーロッパごぞく

2件 の用語解説(インド・ヨーロッパ語族の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

インド・ヨーロッパ語族【インドヨーロッパごぞく】

印欧語族とも。東はインドから西はヨーロッパの大半の地域に分布する語族。前1500年ごろから現代に至る豊富な資料をもつ。この語族に属するおもな語派には,インド語派イラン語派スラブ語派バルト語派アルバニア語派,アルメニア語派,ギリシア語派,イタリック語派ケルト語派ゲルマン語派ヒッタイト語派などがある。
→関連項目アーリヤ人アルバニア語アルメニア語語族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インド・ヨーロッパ語族
いんどよーろっぱごぞく

インドからヨーロッパの大半の地域に分布する言語族で、現在の英語、ドイツ語フランス語ロシア語もみなこれに属する。印欧語族ともいい、ドイツ語ではインド・ゲルマン語族の名が慣用となっている。おもな語派は、ヨーロッパではゲルマン(英語、ドイツ語、北欧諸語など)、バルトスラブ(ロシア語、ポーランド語チェコ語など)、ケルトアイルランド語ウェールズ語など)、イタリックラテン語フランス語、イタリア語スペイン語ルーマニア語など)、その南ではアルバニア語、ギリシア語、小アジアではアルメニア語、それに死滅したヒッタイト語、東ではインド(サンスクリット語ヒンディー語、ベンガリー語など)、イランペルシア語クルド語など)、それに、中央アジアトゥルファンクチャ周辺で中国唐代の僧玄奘(げんじょう)三蔵が旅したころ話されていたトカラ語がある。
 歴史的にみて、もっとも古い文献をもつのはヒッタイト語で、紀元前18~前12世紀にわたって小アジアに君臨したこの帝国の残した楔形(くさびがた)文字による大量の粘土板文書は、20世紀初めに解読され、今日もなお新しい資料の発掘が続けられている。この言語はかなりの変化を受けたにもかかわらず、驚くほどこの語族の古い特徴を示している。これに続くものとしてインド語派とギリシア語派がある。とくにその『ベーダ賛歌集』とホメロスの叙事詩は前1000年を上回る古い伝承をもつが、その記録は言語学的にみてきわめて正確で、この語族のもつ名詞、動詞の複雑な屈折をみごとに保持している。この語族の証明が19世紀に成功したのも、これらの正確で豊富な古い資料に恵まれたからで、現代のヨーロッパの諸言語だけでは、とうてい比較文法は成立しなかったであろう。この三つの語派のほかに、紀元前の文献をもつのは、イタリック語派のラテン語とオスク・ウンブリア語、それにイラン語派の『アベスタ』と古代ペルシア語碑文である。これら以外の語派の資料は、みな紀元後に属する。そのなかにはケルト語派のように、ローマの初期から紀元後にかけて、中部から西部ヨーロッパに大いに勢力があったにもかかわらず、ほとんど記録を残さずに大陸から消えてしまった語派もあり、またバルト語派のリトアニア語のように、その文献は16世紀にしかさかのぼれないが、インドやギリシアの古層の言語に劣らぬくらい古風な形を失っていない言語もある。[風間喜代三]

インド・ヨーロッパ語の共通基語

これらの諸言語が一つの語族をなすということは、それらが一つの源となる共通の基語から分化してきた、という仮定を含んでいる。これは純粋に言語学的な規定であるから、共通基語の話し手が、考古学的に先史時代のどのような文化の担い手であったか、あるいは民族学的にどのような人種であったかなど、他の領域の具体的な問題に直接結び付けて考えることは危険である。再建される言語はつねに実際の資料の枠のなかにあるから、新しい資料が加われば、再建の可能性も変わってくる。われわれが共通基語と下位にある歴史上の諸言語の関係を考える一つの雛型(ひながた)は、ラテン語とその分化した形であるロマンス語、すなわちフランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ルーマニア諸語の関係である。ラテン語はローマ帝国の拡大とともに、西はイベリア半島から東はダキアまで、兵隊や商人とともに運ばれ、その各地に定着して土語を征服した。各地の住民の言語は違っていたが、ラテン語を受け入れて継承してきた結果が、現在のロマンス語である。インド・ヨーロッパ語族の場合にも、基本的にはこれと同じような分化の過程を想定することができる。ただその場合に、親にあたるラテン語に相当する言語が与えられていない。しかも各語派の言語は、その歴史の途中のある時点から、突然記録を残しているので、理論的に再建された親の言語と、各語派の文献の始まりまでの期間は空白であり、その間にどのくらいの時間の隔たりがあるのか、正確に決めることはできない。しかし、比較方法によって、その間にどのような変化がおこったかを推定することはできる。たとえば、ゲルマン語がその文献以前の時代におこした子音の組織的な変化(発見者グリムJ. Grimmの名をつけてグリムの法則という)は、他の言語資料との比較対応によって初めて明らかにされる。[風間喜代三]

インド・ヨーロッパ語の構造上の特徴

インド・ヨーロッパ語は類型論的には屈折語タイプの典型とされている。英語friendは「友」という意味と、単数という文法上の数を表す。これに対して、ドイツ語のFreundは単数のほかに、性は男性、さらに主格(または与格、対格)という文法的機能を担っている。冠詞も形容詞も代名詞も、名詞に関係するときには、この文法上の制約を無視することはできない。まず数には、単数、複数のほかに古くは両数という範疇(はんちゅう)があった。これは動詞にもみられるが、名詞の場合には、目とか耳のように、つねに二つのものについて両数という特別な語尾が用いられた。しかしそうした固定的な形以外は、やがて複数がこれをカバーするようになって、ついにはこの範疇は消滅する。その過程は、ホメロスから古典期に至るギリシア語の歴史のなかで、文献的にとらえられる。また複数形について注目すべき現象が、インド語、ギリシア語、ヒッタイト語に認められる。それは、中性複数の名詞が主語にたつとき、動詞が単数形をとるという不一致の用法である。これはつねにで終わる中性名詞の主格複数形が、本来は同じ母音で終わる女性の主格単数形と共通していたからである。この女性名詞は、集合的な意味をもった抽象名詞であった。
 文法的な性の起源はよくわからない。自然性との関係がある程度認められるけれども、その原則はけっして一貫したものではない。アルメニア語のように初めから性をもたない言語は別にして、古くは男性、女性、中性の3性か、生物と無生物の2性の対立がみられる。いずれが古いシステムかについては異論があるが、インド・ヨーロッパ語全体からみると、3性のほうが有力である。
 格組織は言語によってさまざまである。トカラ語のように、3格で、ほかに膠着(こうちゃく)語のような接尾辞による二次的な格を発達させた言語は珍しく、ドイツ語と同じ4格(主格、対格、属格、与格。それに多くは、主格と同形の呼格がある)をもつ言語から、サンスクリットのように、呼格を含めて8格を区別する言語まである。いずれが古い状態を反映しているかについては、一般に格の融合はあるが増加はみられないという点に注目すれば、8格が有力だが、逆に基本的には呼格を含めて5格、これに具体的な関係を表す具、奪、於(お)の3格が随時成立したとみることもできる。事実、ホメロスに現れる-phiという接尾辞は、その幅広い用法からみて格に近づいているし、形も他の言語の具格、奪格の格語尾と一致するので、格の新しい生成を示唆している。これら性、数、格の3要素は、古いインド・ヨーロッパ語の名詞表現を支えるのに不可欠のものであった。
 ところが、中世から近代に近づくにつれて、多くの言語は性と格の区別を減らしたり、完全に失った。これらの区別は語末の音節によって指示されるものだが、どの言語も単・複(両)数のすべての格に違った形を使うということはなく、しばしば一つの語尾がいくつかの形に共通している。たとえば、ラテン語-aeは-aを主格とする名詞の属与格単数と主格複数形に共有で、周辺には-a主格単数、-am対格単数という形が控えている。これらが、話しことばの場合、アクセントなどで弱まると、差別ができなくなって融合していく。そのために文意があいまいになるのを防ぐため、もっともたいせつな主語と直接目的語とを切り放し、間に動詞を挟んだ語順が固定化する傾向が現れる。
 動詞についても、一つの形はいくつかの文法範疇をかならず担っている。ラテン語amvit(彼は愛した)は、三人称単数の完了・能動・直接法である。つまり人称、数、時制、態、法の5要素を語幹と語尾の変化で表現している。両数を除いて、人称と数は近代語と同じだが、時制は言語によって異なる。未来は普通、形が二次的で新しいので別として、問題は、過去に関係する形の区別をもつか、もたないかの違いである。ゲルマン語のように、基本的な語幹の区別は現在と過去の2対立の言語もあり、またギリシア語のように、過去に未完了、アオリスト(不限定)、完了をもつ言語もある。この場合、未完了はつねに現在と同じ語幹を使うから、実際には形のうえで3対立ということになる。アオリストはその行為を一回的にとらえた場合で、継続的・繰り返しを表す未完了と対立する。完了は、すでに先に行われた行為の経験に基づく現在の表現で、「憎らしい」「覚えている」「知っている」などがその典型である。この場合には、単なる時間関係よりも、行為の様相が加味されてくる。しかし、このアオリストと完了の区別は失われやすく、ラテン語の完了形にはこの二つが組み込まれている。態は能動、受動よりも、基本的には能動、中動である。中動とは、行為の結果がその行為者自身に及ぶという観点からの表現で、再帰的なものである。受動形の独立は新しく、古くは中動形がそれを兼ねていることが多い。その表現は、ドイツ語sich finden(自分をみつける、みつけられる、ある)に似ている。法とは「気持ち」の意味である。ある事実を述べるとき、話し手が時間に関係なくそれを事実として述べるか、あるいはその際に希望とか疑惑のような主観を交えて表現するかに、法の形の選択がかかっている。命令法はその典型であり、接続法とか願望法とかが直説法と区別して用いられるのも、この主観性の有無にある。それぞれの言語の法の使い分けは、手持ちの法の形式上の区別と、その用法の固定化の違いに基因する。この複雑な機能をもつインド・ヨーロッパ語の動詞形が、助動詞などによって分析的表現に分解されたのも、名詞の場合と同様に、重要な文法的差別を指示する語尾の音節の弱まりによる形の混同を避ける一つの手段であった。それでもなお多くの近代語は、古いインド・ヨーロッパ語動詞の伝統をよく伝えている。[風間喜代三]
『高津春繁著『印欧語比較文法』(1954・岩波全書) ▽風間喜代三著『言話学の誕生』(岩波新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インド・ヨーロッパ語族の関連キーワードアウストロネシア語族印欧語族語族ヨーロッパ連合インドゲルマン語族インド語派ヨーロッパロシアインドアーリア語インドヨーロッパ語族マレーポリネシア語族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インド・ヨーロッパ語族の関連情報