コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウ(鵜)

2件 の用語解説(ウ(鵜)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウ(鵜)【ウ】

ウ科の鳥の総称。大型の水鳥で全身黒色のものが多い。世界的に分布し約30種。日本にはウミウカワウヒメウチシマウガラスの4種。樹上または岩上に大集団で巣を作り,魚を捕食。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウ【ウ(鵜) cormorant】

ペリカン目ウ科Phalacrocoracidaeの鳥の総称。この仲間は,潜水遊泳が巧みな中型ないし大型の水鳥である。沿岸や内陸の湖沼,大きな河川にすむ。おもに魚類を食べ,ほかに甲殻類,両生類をも餌にする。体は全体的に暗黒色で,緑色や青色の金属光沢をもつものが多い。南半球には胸や腹など体下面が白色,あるいは灰色のものがいる。種によっては眼のまわりの裸出部や脚が鮮やかな明るい色をしている。雌雄同色,繁殖期に頭部に飾羽や白斑が出る種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone