コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルケミシュ カルケミシュCarchemish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルケミシュ
Carchemish

北シリアの要衝を占めた古代都市。ローマ時代にはエウロポスと呼ばれた。ユーフラテス川に面した軍事的・経済的要衝にあり,常に周囲の大国の係争点となった。現在は遺跡。 1911~20年発掘調査されたが,厚い2重の城壁と城門,王宮などから成り,北シリア独特の折衷的様式を示す浮彫のついた石板が出土した。歴史は新石器時代に始り,ウルク期,ジェムデット・ナスル期を経て,青銅器時代鉄器時代,ローマ時代にいたる。その間,ほかの都市出土の楔形文字の資料により,独立した都市国家時代と周囲の国の属領時代を繰返したことがわかる。前 18世紀のマリ文書によれば,ユーフラテス川下流地域にアナトリアの木材を輸出していたことが記されている。次にヒッタイトシュッピルリウマシュ1世アッシリアミタンニ,エジプトに対する緩衝地帯としてこの地を息子に支配させた。しかし前 1200年頃「海の民」に侵入され一時衰退した。その後アラム人の支配する小王国ができ,再び通商,貿易の中心として栄え,アッシリアのサルゴン2世の占領 (前 717) ,バビロニア王ネブカドネザル2世とエジプト軍の戦い (前 605) の舞台ともなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カルケミシュ

トルコ,シリア国境に近いユーフラテス川中流西岸の古都。カルガミシュともいい,現在名はジェラーブルス。ヒッタイト帝国の北シリアにおける中心的な交易都市であったが,アッシリアのサルゴン2世が征服。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルケミシュ【Carchemish】

北シリア(現,トルコ領),ユーフラテス川西岸の古代都市。ヒッタイト帝国と連合していたが,しばしばエジプト第18,19王朝の征服地名表に出る(ラメセス2世のカデシュの戦でもヒッタイト側)。前12世紀以後はアッシリアの攻撃目標となった(前717年,属州化)。前605年には城下において,エジプトと新バビロニアの間に決戦が行われた。交易の拠点として栄え,ヒッタイト・アラム系の文化遺物が出土している。【小川 英雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カルケミシュ【Carchemish】

トルコ南部、ユーフラテス川の上流西岸に臨むヒッタイト王国の都市遺跡。紀元前一二世紀、アラム人の王国が建てられ繁栄した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

カルケミシュの関連キーワードローレンス(Thomas Edward Lawrence)チャールズ・レナード ウーリーネブカドネザル(2世)サルゴン[2世]トゥトモス1世ヒッタイト美術スッピルリウマスフィンクスバビロン捕囚ネコ[2世]ウーリーネコ2世

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android