コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルケミシュ カルケミシュ Carchemish

4件 の用語解説(カルケミシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルケミシュ
カルケミシュ
Carchemish

シリアの要衝を占めた古代都市ローマ時代にはエウロポスと呼ばれた。ユーフラテス川に面した軍事的・経済的要衝にあり,常に周囲の大国の係争点となった。現在は遺跡。 1911~20年発掘調査されたが,厚い2重の城壁と城門,王宮などから成り,北シリア独特の折衷的様式を示す浮彫のついた石板が出土した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カルケミシュ

トルコ,シリア国境に近いユーフラテス川中流西岸の古都。カルガミシュともいい,現在名はジェラーブルス。ヒッタイト帝国の北シリアにおける中心的な交易都市であったが,アッシリアサルゴン2世が征服。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カルケミシュ【Carchemish】

北シリア(現,トルコ領),ユーフラテス川西岸の古代都市。ヒッタイト帝国と連合していたが,しばしばエジプト第18,19王朝の征服地名表に出る(ラメセス2世のカデシュの戦でもヒッタイト側)。前12世紀以後はアッシリアの攻撃目標となった(前717年,属州化)。前605年には城下において,エジプトと新バビロニアの間に決戦が行われた。交易の拠点として栄え,ヒッタイト・アラム系の文化遺物が出土している。【小川 英雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カルケミシュ【Carchemish】

トルコ南部、ユーフラテス川の上流西岸に臨むヒッタイト王国の都市遺跡。紀元前一二世紀、アラム人の王国が建てられ繁栄した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルケミシュの関連キーワードチグリス川ユーフラテス川ユーフラテスカルケミッシュマラティアカラートジャーバルチグリスとユーフラテスユーフラテス[川]天上のユーフラテスユーフラテス・ダム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone