コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガドリニウム gadolinium

翻訳|gadolinium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガドリニウム
gadolinium

元素記号 Gd原子番号 64,原子量 157.25。周期表3族,希土類元素ランタノイドの1つ。天然には7種の安定同位体が知られている。 1880年 J.マリニャクによって発見された。サマルスキー石ガドリン石,ゼノタイムなどの中に含まれる。イオンは無色である。希土類元素共通の化学的性質をもつ。毒性については未知である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ガドリニウム

元素記号はGd。原子番号64,原子量157.25。融点1312℃,沸点3266℃。希土類元素の一つ。1880年スイスのマリニャックが発見,希土類の研究者J.ガドリンにちなんで1886年命名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガドリニウム【gadolinium】

周期表元素記号=Gd 原子番号=64原子量=157.25±3地殻中の存在度=5.4ppm(40位)安定核種存在比 152Gd=0.20%,154Gd=2.15%,155Gd=14.7%,156Gd=20.47%,157Gd=15.68%,158Gd=24.9%,160Gd=21.9%融点=1312℃ 沸点=約3000℃比重=7.948(α)電子配置=[Xe]4f75d16s2 おもな酸化数=III周期表第IIIA族に属する希土類元素のうちのランタノイドの一つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガドリニウム【gadolinium】

ランタノイドの一。元素記号 Gd  原子番号64。原子量157.3。銀白色の金属。磁性合金の原料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガドリニウム
がどりにうむ
gadolinium

周期表第3族に属し、希土類元素の一つ。1880年スイスのマリニャックJean Charles Galissard de Marignac(1817―1894)が、サマルスキー石から初めて分離した。1886年、フランスのボアボードランがセル石中にみつけ、希土類元素分離に功績のあったフィンランドのガドリンにちなんで命名した。主要鉱物はモナズ石、バストネス石など。塩化ガドリニウムを約1000℃で金属リチウムによって還元してつくる。白色の金属で酸化数+の化合物だけが知られる。水とは徐々に、熱水や酸とは速やかに反応して水素を発生する。化合物は一般に無色で常磁性である。光学ガラスに用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガドリニウムの関連キーワードガドリニウム(データノート)原子量一覧/元素名順イットリウム族元素固体電解質電池造影剤過敏症磁気冷凍材料イッテルビー磁気バブルキュリウム強磁性体ユルバン重希土類軽希土類ワイスGGG蛍光体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガドリニウムの関連情報