コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルギス Kyrgyz

翻訳|Kyrgyz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルギス
Kyrgyz

正式名称 キルギス共和国 Kyrgyz Respublikasy。
面積 19万9945km2
人口 516万8000(2011推計)。
首都 ビシケク

中央アジア北東部の国。北はカザフスタン,東と南東は中国,南はタジキスタン,西はウズベキスタンと国境を接する。国土の大半がテンシャン (天山) 山脈に属する山国で,東端部の中国との国境にはポベーダ峰 (7439m) ,ハンテングリ山 (6995m) などの高峰がそびえる。ナルイン川の河谷をはじめとする深い河谷が発達し,イスイククリ湖など湖も多い。気候は地形による影響が大きく,北と西に面した斜面は比較的湿潤であるが,全体に乾燥していて,北部山麓は砂漠,半砂漠地帯に属し,山地ではステップ,森林,高山草地へと変化する。チュルク語系諸族キルギス人の国で,住民の半分以上がキルギス人で,スンニー派イスラム教徒が多い。次いでロシア人,ウズベク人が多く居住する。公用語はキルギス語とロシア語。キルギス人は紀元前よりエニセイ川上流域に居住していたが,13世紀テンシャン山脈西部に移動したと考えられる。 19世紀後半ロシアの支配下に入り,1924年カラキルギス自治州成立。 1926年キルギス自治共和国,1936年キルギス=ソビエト社会主義共和国としてソビエト連邦構成共和国となった。 1991年キルギスタン共和国として独立。独立国家共同体 CISに加盟。首都名をフルンゼからビシケクに改称した。 1992年3月国際連合加盟。 1993年新憲法を採択し,国名をキルギス共和国に改称。キルギス人は長い間遊牧生活を続けてきたが,現在は定住し,住民の半数以上が農村に居住する。その多くは牧羊に従事するが,ビシケク周辺,ナルイン川沿岸,イスイククリ湖沿岸の平地では灌漑農業が行なわれ,ワタ,コムギ,テンサイ,タバコ,果樹などが栽培される。石炭,石油,水銀,タングステン,亜鉛などの地下資源に恵まれ,これらの採取業も発展している。工業部門では機械 (農業,電気) ,繊維 (絹,綿,縫製) ,食品などの工業が主要なものである。また水力資源にも恵まれ,その開発が進んでいる。山国であるため鉄道交通は未発達で,ハイウェーと航空路が主要交通路である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

キルギス

2001年の米同時多発テロ後、キルギスは米軍マナス基地に受け入れたが、バランスをとるために、02年には中国との共同軍事演習を行ったり、カント空軍基地にロシア軍を受け入れたりして、中国とロシアとの関係にも気配りしている。ただ、05年7月のアスタナ(カザフスタンの首都)における上海協力機構首脳会議では、中国やロシアの主導で米軍基地を中央アジアから撤退させる方向が打ち出され、キルギスも追随したが、米軍の駐留により多額の資金援助を受けていたキルギスは、明確な反米姿勢は打ち出していない。05年3月の政変(チューリップ革命)によって成立したバキエフ政権は、グルジアやウクライナのような親欧米政権ではなく、ロシア、中国、米国とのバランス政策をとっている。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

キルギス

中央アジアの南にある国。東に中国・新疆ウイグル自治区、北はカザフスタン、西はウズベキスタン、南はタジキスタンに囲まれている。5千メートル級の山々がそびえ、雨が少なく夏も過ごしやすい。タムガ村は標高1500メートル余りにあり、イシク・クル湖の南岸にある保養地の一つ。

(2013-12-08 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

キルギス(Kyrgyz)

中央アジア南東部の共和国。首都ビシュケク天山山脈の北西麓を占める。1991年ソ連邦解体に伴い独立、キルギスタン共和国に改名。1993年現名称とする。牧畜や綿花栽培が盛ん。アンチモン水銀石炭などを産する。人口551万(2010)。
古来、モンゴル高原のエニセイ川上流域に拠ったトルコ系遊牧民族。漢代から部族国家を形成。14世紀ごろから天山山脈北西に移動。18世紀以降、清朝、ロシアの支配下に入り、1936年、ソ連邦内で社会主義共和国を構成した。黠戛斯(かつかつし)。堅昆(けんこん)。乞児吉思。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キルギス

◎正式名称−キルギス共和国Kyrgyz Respublikasy/Kyrgyz Republic。◎面積−19万9945km2。◎人口−578万人(2014)。
→関連項目ウズベキスタン中央アジアトルキスタン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

キルギス【Kirghiz】

古代からモンゴル高原北西部のエニセイ川上流にいたトルコ系民族。一三世紀頃から天山山脈北西部に南下し、一九世紀後半、ロシアに征服された。現在はキルギス共和国の主要民族。中国文献では堅昆けんこん・結骨けつこつ・黠戛斯かつかつしなどと記す。
◇ 中央アジアの南東部、天山山脈の西部を占める内陸国。共和制。東は中国と国境を接する。牧羊が盛ん。アンチモン・水銀・石炭などの鉱産物も豊富。1991年12月ソビエト連邦の解体により独立。住民は主としてキルギス人。首都ビシュケク。面積20万平方キロメートル。人口530万( 2005)。正称、キルギス共和国。 〔独立時の国名はキルギスタン〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

キルギスの関連キーワードアルマズベク アタムバエフチンギス アイトマートフクルマンベク バキエフチュー川(中央アジア)ローザ オトゥンバエワキルギスの米ロの基地ザアライスキー山脈イシク・クル[湖]イシク・クル[湖]アスカル アカエフフェリクス クロフプルジェバリスクアクバイタル峠マイヤ マネザキルギス[人]キルギス(人)ジェティオグズソロレート婚アラトー広場モンゴル高原

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キルギスの関連情報