クック(Thomas Cook)(読み)くっく(英語表記)Thomas Cook

翻訳|Thomas Cook

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クック(Thomas Cook)
くっく
Thomas Cook
(1808―1892)

近代的な意味での旅行業を創始したイギリスの旅行代理業者。ダービーシャーのメルボーン生まれ。若いころバプティスト教会の伝道師として、工場労働者の飲酒の弊害を痛感し、禁酒運動に努めたが、禁酒大会の集まりをよくするため、当時はまだ珍しく高価でもあった鉄道に目をつけ、列車を借り切って割安で乗れるようにし、大好評を博した。史上初の公募団体列車は、1841年に開催された禁酒大会のため、レスター―ラフバラ間で運行された。これがきっかけとなって一般の団体旅行も扱うようになり、55年のパリ万国博覧会のときからはヨーロッパ大陸その他への団体旅行も始め、大成功を収めた。またホテルや乗り物の予約代行など、今日の旅行では不可欠なさまざまな業務を創始した。会社名はトマス・クック・アンド・サンズ社で、73年には画期的な『ヨーロッパ鉄道時刻表』を発刊している。

[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android