コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマタカ(英語表記)Nisaetus nipalensis; mountain hawk-eagle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマタカ
Nisaetus nipalensis; mountain hawk-eagle

タカ目タカ科。全長 64~84cm。後頭部にある冠羽(→羽冠)は亜種によって長さが異なり,日本にすむ亜種 N. n. orientalis は短い。頭から背は淡黄褐色で褐色の縦斑がある。背と上面は褐色。喉は白く,胸から腹は淡褐色を帯びた白色で,胸には褐色縦斑が,腹には褐色横斑が密にある。尾は褐色で,よく目立つ濃褐色の横帯が数本ある。アジア温帯から熱帯域に広く繁殖分布し,ヒマラヤ山脈からタイ北部,中国南部,ハイナン(海南)島タイワン(台湾),日本にかけての地域と,インド南部,スリランカに分布する。日本では北海道本州四国地方の山地に繁殖しているものの,その数は多くない。森林性のタカで,おもにキジヤマドリコジュケイなど大型や中型の地上性鳥類とウサギ類などを狩っている。生息環境の破壊による個体数の減少が心配されている。(→猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クマタカ

タカ科の鳥。背面は暗褐色。頭部,後頸は黄白色で,黒斑が並ぶ。翼長47〜54cm。雌のほうが大きい。日本全土,中国〜東南アジアに分布。山地の森林にすみ,冬は低山へ移動するものもある。巨木の枝に大きな巣を作る。ノウサギ,キジ,ヘビなど大型の動物を食べる。絶滅危惧IB類(環境省第4次レッドリスト)。
→関連項目タカ(鷹)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマタカ
くまたか / 熊鷹
Hodgson's hawk eagle
[学]Spizaetus nipalensis

鳥綱タカ目タカ科の鳥。スリランカ、インド、ヒマラヤ、中国、日本に分布する。日本では留鳥として九州以北の山地にすむが、その数は多くない。全長約75センチメートル、翼長約50センチメートル、幅の広い翼と長めの尾をもった大きなタカ。体の上面は褐色で、後頭の羽毛はすこし冠羽状になる。体の下面は淡黄褐色で、黒褐色の縦斑(じゅうはん)がある。輪を描いてゆっくり飛び、獲物をみつけると急降下してつめでつかむ。ノウサギ、ヤマドリなどの大きな獲物もとらえる。高木の上に枯れ枝で大きな巣をつくり、1~2個の卵を産む。東北地方では昔から、飼いならして鷹狩(たかがり)に用いる。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クマタカの関連情報