コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クマタカ クマタカ Nisaetus nipalensis; mountain hawk-eagle

3件 の用語解説(クマタカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマタカ
クマタカ
Nisaetus nipalensis; mountain hawk-eagle

タカ目タカ科。全長 64~84cm。後頭部にある冠羽(→羽冠)は亜種によって長さが異なり,日本にすむ亜種 N. n. orientalis は短い。頭から背は淡黄褐色で褐色の縦斑がある。背と上面は褐色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クマタカ

タカ科の鳥。背面は暗褐色。頭部,後頸は黄白色で,黒斑が並ぶ。翼長47〜54cm。雌のほうが大きい。日本全土,中国〜東南アジアに分布。山地の森林にすみ,冬は低山へ移動するものもある。
→関連項目タカ(鷹)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマタカ
くまたか / 熊鷹
Hodgson's hawk eagle
[学]Spizaetus nipalensis

鳥綱タカ目タカ科の鳥。スリランカインドヒマラヤ、中国、日本に分布する。日本では留鳥として九州以北の山地にすむが、その数は多くない。全長約75センチメートル、翼長約50センチメートル、幅の広い翼と長めの尾をもった大きなタカ。体の上面は褐色で、後頭の羽毛はすこし冠羽状になる。体の下面は淡黄褐色で、黒褐色の縦斑(じゅうはん)がある。輪を描いてゆっくり飛び、獲物をみつけると急降下してつめでつかむ。ノウサギ、ヤマドリなどの大きな獲物もとらえる。高木の上に枯れ枝で大きな巣をつくり、1~2個の卵を産む。東北地方では昔から、飼いならして鷹狩(たかがり)に用いる。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クマタカの関連キーワードタカ(鷹)ワシ(鷲)イヌワシ(犬鷲)オオタカ(大鷹)クマタカ(熊鷹)タチヨタカ(立夜鷹)チュウヒ(沢鵟)ハイタカ(鷂)ミサゴ(鶚)ヨタカ(夜鷹)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クマタカの関連情報