コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレバス crevasse

翻訳|crevasse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレバス
crevasse

氷河上の割れ目谷氷河で傾斜が急に強くなる場合には流向に直角の方向に,また谷幅が急に増す場合には流向に並行してできることが多い。両者が同じ場所に生じて網目状に発達するものはセラックと呼ぶ。大陸氷の場合にもみられ,特にその縁辺溢流氷河部には大規模に発達していることが多い。氷河の構造や層理をみるために,クレバスの中に入って研究することも多くなってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クレバス(〈フランス〉crevasse)

氷河雪渓にできる深い割れ目。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クレバス

氷河の上に分布する深い氷の割れ目。氷河の流動速度が急に速くなる氷河谷底の急傾斜する地帯で最もよく発達する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

クレバス【crevasse】

氷河や雪渓の深い割れ目。シュルント。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレバス
くればす
crevasse

氷河表面の割れ目。氷河は塑性変形によって流動するが、流速の違いによって生じる引張り応力が氷河の引張り強度を超えると、氷河は塑性を失って割れる。できたばかりの割れ目は数ミリメートルほどの幅であるが、しだいに広がり数メートルにも達する。深さは一般に約30メートルが限界とされているが、これより深くなる場合もある。
 氷河上での分布形態によって、側縁クレバス、横断クレバス、縦クレバス、放射状クレバスに分類され、氷河の応力状態を反映して規則的に配列する。アイスフォールなど傾斜の急変部や、屈曲部、谷壁の近くなどに生じやすい。氷河の最上流部で、カール壁との間に生じるクレバスは、とくにベルクシュルントBergschrund(ドイツ語)とよばれる。また、氷河や雪渓の側縁部と谷壁の岩盤との間には、ラントクルフトRandkluft(ドイツ語)とよばれる空隙(くうげき)がみられるが、これは岩盤が熱せられるために、氷河や雪渓の周縁部が溶けて生じたものであり、クレバスとは区別される。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクレバスの言及

【登山】より

… グリセードglissadeピッケル,杖などで制御しながら,堅雪の斜面を靴で滑り降りる技術。 クレバスcrevasse氷河上の亀裂。 ケルンcairn積み石,記念塚。…

【氷河】より

…流動は塑性変形に由来するほか,摩擦熱などのために底面に水が存在するようなときは,底面滑りの割合がとくに大きいといわれている。流動に伴い氷が過度のひずみを受けると,伸張によって破壊され,深い割れ目クレバスcrevasse(フランス語)が形成される。その極端な場合が氷瀑(アイスフォールicefall)である。…

※「クレバス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレバスの関連キーワード飲み込む・飲込む・呑み込む・吞み込むノルウェジアン・パフィン・ドッグチロリアンブリッジセラック(氷塔)ベルクシュルントアイスフォールスノーブリッジトリエンナーレヒマラヤ山脈ビエンナーレ佐伯 宗作シュルント白瀬氷河エスカー白瀬海岸マダコ底堆石罅隙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレバスの関連情報