コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲームの理論 ゲームのりろん game theory

翻訳|game theory

3件 の用語解説(ゲームの理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲームの理論
ゲームのりろん
game theory

利害が対立,交錯する関係者の意思決定を解明するために用いられる数理的な分析方法。政治学,特に国際政治学に盛んに応用されるようになったのはポーカーチェスブリッジや将棋のようなゲームに,現実の政治現象国際政治現象との類似性が認められ,しかも,後者の単純化がはかれると思われたためである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゲーム‐の‐りろん【ゲームの理論】

経済競争・戦争など、利害の対立する状態にある複数の主体の間の行動を、室内ゲームの競技者の行動から一般化した理論。利益または勝敗は戦略の関数となる。ゲーム理論

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゲームの理論
げーむのりろん
theory of games

個人、企業、国家など、社会の競争状態のなかにある行動主体(プレイヤー)が、相手の出方を絶えず考慮に入れながら、自己の利益をもっともよく達成するための手段を合理的に選択するという行動を数学的に分析する理論であり、戦後、社会科学の分野に多く取り入れられて発展をみてきたものである。
 この理論の核心部分は、すでに1928年に数学者フォン・ノイマンによって発表されていたが、その後、経済学者モルゲンシュテルンとの共著『ゲームの理論と経済行動』Theory of Games and Economic Behavior(1944)によって、競争状態における経済主体の行動分析として集大成された。
 この理論の出発点となる競争状態のモデルは、「ゼロ和2人ゲーム」zero-sum two-person gameとよばれるものである。これは、2人でゲームを行うときに、双方がどのような手(あるいは戦略strategy)をとっても、一方がある額の利益を得れば他方はかならずそれと同額の損失を被るという場合、すなわち、ゲームの結果の双方の利益(または損失=マイナスの利益)の和がつねにゼロとなる場合である。
 いま、ある産業に競合する2社、A社とB社が存在し、市場において互いに相手の出方を考慮しつつ自社のとるべき戦略を決定しようとしているものとする。両社のとりうる戦略はそれぞれ3種類あり、A社の戦略をa1a2a3とし、B社のそれをb1b2b3とする。そうすると、考えうる両社の戦略の組合せは9種となるが、そのそれぞれの結果が生じた場合に想定されるA社の利益を一覧表の形にして示すとのようになる。表中、A社の利益を表す数字は例示であるが、このような表は利得行列pay-off matrixとよばれる。B社の利得行列は、この表数字の符号を正負逆にしたものとなる。
 このような状況が想定されるとき、A社の戦略決定は次のように行われる。A社が各戦略をとった場合、相手の出方によってもっとも困難な状態(すなわち、もっとも利益の少なくなる状態)となる場合を考える。そして、そのような状態のうちでもっとも有利な戦略を選択する。この例の場合、そのような戦略の組合せは(a2b1)となり、A社は戦略a2をとることになる。他方、B社の戦略決定も同様に行われるものとすると、その戦略の組合せはやはり(a2b1)となり、B社がb1の戦略を決定することによって、両社は同じ戦略の組合せに到達し、双方の決定が矛盾なく執り行われることになる。すなわち、A社が戦略iをとり、B社が戦略jをとったときの利得行列中の値をπijと書くと、A社の戦略決定は

で、B社のそれは

と表現され、両社は

となって均衡状態に到達することになる。
 このように双方が満足のいく結果は「ゲームの解」あるいは「利得関数の鞍(あん)点」saddle pointといわれ、双方のとる戦略に確率を考慮した組合せを考える(混合戦略)ならば、ゲームの解はつねに存在する。これを「ミニマックス定理」minimax theoremといい、ゲームの理論の基礎をなすものである。
 理論モデルは、さらに拡張され、プレイヤーの数が一般にn人の場合(n人ゲームn-person game)、プレイヤーの利得の総和がゼロとならない場合(非ゼロ和ゲームnon-zero-sum game)などについても研究がなされ、この理論は経済理論、経営科学の分野だけでなく、近年では政治学などにも広く応用されつつある。[高島 忠]
『鈴木光男編『ゲーム理論の展開』(1973・東京図書) ▽J・フォン・ノイマン、O・モルゲンシュテルン著、銀林浩・橋本和美・宮本敏雄監訳『ゲームの理論と経済行動』全5冊(1972~73・東京図書) ▽岡田章著『ゲーム理論・入門』(2008・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲームの理論の関連キーワード意思決定支援システムデシジョンサポートシステム利害関係者意思決定会計学利害関係ビジネスゲーム意思決定(数学)意思決定(経営学)特別利害関係者等

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲームの理論の関連情報