コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴジュウカラ(五十雀) ゴジュウカラ

世界大百科事典 第2版の解説

ゴジュウカラ【ゴジュウカラ(五十雀)】

スズメ目ゴジュウカラ科の鳥(イラスト)。またはゴジュウカラ科ゴジュウカラ属の総称。ゴジュウカラSitta europaea(英名nuthatch)は,アジアからヨーロッパにかけての中緯度地方に分布しており,日本では北海道から九州にかけての山地に生息する。よく茂った森林にすみ,幹を登り降りしながら樹皮の表面や裂け目などにいる昆虫やクモをとって食べる。頭を下にして幹を伝い渡るのがうまい。ピピピピピとかフィフィフィフィとよくとおる声で鳴く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android