コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴジュウカラ ゴジュウカラ Sitta europaea; Eurasian nuthatch

3件 の用語解説(ゴジュウカラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
Sitta europaea; Eurasian nuthatch

スズメ目ゴジュウカラ科。全長 14cm。頭上,背は灰青色で,太い黒色の過眼線がある。胸腹部は白く,脇,下腹部は赤褐色。尾は黒く,一部の尾羽には白斑がある。嘴は黒く,とがっている。頭を下に向けて樹幹上を動き回ることもある典型的な樹上性の小鳥で,旧北区の森林に広く繁殖分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ科の鳥。翼長8cm。頭や背は灰青色で,黒い眉斑が目だつ。ユーラシア大陸中部以南に分布し,日本では全国の山地の林で繁殖する留鳥。木の幹を上下に動きながら餌の昆虫を捜す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴジュウカラ
ごじゅうから / 五十雀
nuthatch

広義には鳥綱スズメ目ゴジュウカラ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。種としてのゴジュウカラSitta europaeaは全長14センチメートルの小形の鳥。背面は灰青色、腹面は白、下腹部がオレンジ色を帯びている。目を通る黒条がある。尾は短く、頑丈な短い足には長めの指とつめがある。ユーラシアに広く分布し、日本では九州以北にいるが、北海道のものは下腹部も白い。留鳥で、針葉樹林、落葉広葉樹林にすみ、木の幹や小枝を足の指でつかみながら身軽に走り回る。大枝の下面や幹を逆さになって動き回ることもできる。その際キバシリのように尾羽を使って支えることもしない。樹皮の割れ目、地衣類やコケ類の中を探し、枯れた部分を嘴(くちばし)でたたき割ったりして、虫をとって食べる。また、果実や樹木の種子も食べる。秋には針葉樹の種子などを盛んに枯れ枝に詰め込んで隠す。強い縄張り性があり、1羽かつがいで過ごしており、樹洞やキツツキの古巣に巣をつくり、巣箱にも入る。冬には他種との混群に入っている。ゴジュウカラ科Sittidaeはユーラシアと北アメリカに分布し、7~8種が知られており、いずれも樹林にすみ、よく似た形と習性をしている。東南アジアに多くの種が集中している。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴジュウカラの関連キーワード五十雀四十雀入内雀紅雀RG50すずめやゴジュウカラ(五十雀)シジュウカラ(四十雀)ヒガラ(日雀)スズメ目

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴジュウカラの関連情報