コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ピエール サンピエール

2件 の用語解説(サン・ピエールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サン・ピエール

フランスの著述家,イエズス会士。1712年,枢機卿ポリニャックについてスペイン継承戦争終結のユトレヒト会議に出席。これが契機で1713年―1717年《ヨーロッパ恒久平和》全3巻を著し,自然法・実定国際法に基づく恒久的国家連合の樹立,国際軍の創設などによる国際平和の維持を主張してカントルソーに影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サン・ピエール
さんぴえーる
Abb de Saint-Pierre
(1658―1743)

フランスの聖職者で政治思想家。1695年にはティロンの修道院長になり、アカデミーの会員に推薦される。1712年枢機卿(すうききょう/すうきけい)ポリニャックに随行してユトレヒト平和会議に出席、そのときの体験をもとに『永久平和の草案』3巻(1713~1717)を書く。自然法だけでなく実定法たる国際法によって列国君主による国際平和機構の設立、国際裁判所の設置、国際軍の設立、戦争放棄などを主張し、ルソーやカントなどの平和思想に大きな影響を与えた。1718年に『ポリシノディ』(多元的会議制論)を著し、ルイ14世の専制政治を批判し、貴族らからなる多元的会議制による啓蒙(けいもう)専制統治を主張したためアカデミーを除名された。[田中 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

サン・ピエールの関連キーワード江島其磧馬場重久徳川家宣学生牢サンクトペテルブルク広島市内の土砂災害警戒区域柿木金助クロムウェル嫗山姥竹内式部

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サン・ピエールの関連情報