コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーンチー Sānchī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サーンチー
Sānchī

インド中部,マディヤプラデーシュ州中西部の村。ボパールの北東約 40kmに位置。インド有数の仏教遺跡があり,仏教史および美術史上で重要。主要な遺跡は村より約 100m高い砂岩の丘陵上にあり,遺跡の中心である石造の大塔 (第1ストゥーパ) は,アショーカ王時代に建てられた最初の仏塔を前2世紀に増大したもの。その西方には,大塔と同時代の第2ストゥーパとその欄楯が残り,大塔に接して,第3ストゥーパの南門と礼拝堂の遺跡がある。第1ストゥーパの4門と第3ストゥーパの南門は,表裏全面に仏伝図や文様が浮彫され,仏教初期美術の最もすぐれた彫刻となっている。周辺に散在する仏塔群,僧院,礼拝堂などとともに,1989年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

サーンチー(Sanchi)

インド中央部、マディヤプラデシュ州にある仏教遺跡。州都ボパールの北東郊の丘の上に位置する。初期仏教美術の宝庫で、マウリヤ朝最盛期のアショカ王時代に建立された石柱や覆鉢式大塔などが有名。1989年、「サーンチーの仏教建築物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

サーンチー

インド中部,マディヤ・プラデーシュ州にある仏教遺跡。アショーカ王の建立した大塔(前2世紀に拡張)をはじめ,グプタ時代まで各時代にわたる堂塔や僧院の跡が残っており,その装飾彫刻とともに美術史上重要。
→関連項目ストゥーパ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サーンチー【Sāñcī】

インド中部,マディヤ・プラデーシュ州,ボーパールの北東にある代表的仏教遺跡。標高100m足らずの丘の上に前3~後12世紀のストゥーパ,仏堂,僧院などの遺構が点在する。最も重要なのは遺跡の中央部西寄りにあるひときわ大きな第1塔である。アショーカ王時代(前3世紀中葉)と思われる煉瓦積みの原塔を前2世紀に石で拡張し,欄楯を巡らし四方の入口に門を建てて後1世紀初期に完成した。基壇の直径36.6m,高さ16.5mの鉢を伏せた形はインドの仏塔の典型であり,ほぼ完全な姿を伝える最古の例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

サーンチー【Sānchī】

インド中部、ボーパールの北東にある紀元前三世紀から後一二世紀の仏教遺跡。海抜約100メートルの丘陵にアショーカ王が建立した三基の仏塔があり、第一塔四門の浮彫・彫刻が特に名高い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーンチー
さーんちー
Sanchi

インド中部、マディヤ・プラデシュ州の東マルワ地方にある仏教遺跡。同名の約90メートルの丘の上に、第1、第2、第3のストゥーパ、および祠堂(しどう)、僧院の遺構、遺址(いし)があり、紀元前3世紀から紀元11世紀ころの間につくられたものといわれる。これらの建造物は1989年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。とくに有名な第1塔の周囲に巡らされた欄楯(らんじゅん)(玉垣)と塔門の仏伝図、本生(ほんじょう)図を主とした浮彫りは紀元前後の作で、インド仏教初期美術を代表する遺構として優れている。また、第2塔の欄楯の装飾浮彫りは第1塔のそれより古く、古代民俗神を象徴した作例が多くみられる。第3塔は欄楯は失われ南門を残すのみである。なお、丘の登り口の考古博物館にはアショカ王柱の頭柱動物石像その他、貴重な遺品が陳列されている。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のサーンチーの言及

【インド美術】より

…仏塔は土製の墳墓に起源し,前3世紀ごろより煉瓦が,前2世紀ごろより石材が用いられるようになった。覆鉢(ふくはつ)と呼ぶ半球形の本体の周囲に欄楯(らんじゆん)(玉垣)をめぐらし四方に入口を開き門を建てた典型は,サーンチー第1塔として現存する。仏教徒は仏塔を仏陀その人として崇拝し,初期の仏教美術は仏塔を中心として展開した。…

【シュンガ朝】より

…仏教の伝説では,この王を仏教の大迫害者とする。シュンガ朝のもとでバラモン教が復興したことは確かであるが,この時代にサーンチーバールフットの仏塔が修造されているところをみると,仏教迫害は,たとえ行われたとしても一時的なものであったらしい。この王朝はパンジャーブに本拠を置くインド・ギリシア人勢力との戦いなどで疲弊し,10王112年間つづいたあと,大臣のバスデーバVāsudeva(カーンバ朝の創始者)に滅ぼされた。…

【ストゥーパ】より

…信者は欄楯の内側の繞道(右回りに繞(めぐ)る通路)を通ってストゥーパを礼拝した。インドのストゥーパはこの覆鉢塔形式を基本とし,その典型であるサーンチー第1塔(図)は1世紀初期の完成時の姿をほぼ完全に残している。ただし地域や時代により少しずつ差異があり,アマラーバティーの大塔に代表される南インドでは,基壇の四方に張出しを作り5本の柱を立て,欄楯の四方に入口を造るが門はない。…

【パゴダ】より

…インドのヒンドゥー教建築に見るシカラ(上部へと高く積み上げられる塔状のもの)も時に含むが,一般には仏教建築の仏塔(ストゥーパ)を指す。パゴダの祖形はインド中部のサーンチーに残る仏塔(前2世紀)を好例とする。その構造は,土まんじゅう型の塔身の上に方形の平頭がのり,さらにその上に傘蓋(さんがい)が立つという形式である。…

※「サーンチー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サーンチーの関連キーワードカニンガム(Alexander Cunningham)サーンチーの仏教建造物群ジョン・H. マーシャル吉祥天(きちじょうてん)サーンチー大塔ウダヤギリ石窟ウダヤギリマーシャルインド建築仏教音楽ミトゥナ摩竭魚仏画飛天寺院

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android