コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェンネ Djenné

デジタル大辞泉の解説

ジェンネ(Djenné)

マリ中部、モプティ地方の都市。ニジェール川とその支流バニ川の中州地帯に位置する。トンブクツと内陸を結ぶ水上交易の中継地として発展。泥のモスクがある旧市街は、1988年に「ジェンネ旧市街」の名で世界遺産(文化遺産)に登録されたが、治安の悪化から2016年より危機遺産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ジェンネ【Djenné】

西アフリカのニジェール川大湾曲部西部(現,マリ共和国)に,おそらく13世紀末ころから発達した交易都市。人口約7000。サハラ砂漠をこえて北アフリカと,ニジェール川上流地方および南方のサバンナや森林地帯との交易の中継地として繁栄した。ほぼ同時代にやはり交易都市として約350km北北東に発達したトンブクトゥと対をなして相補う性格をもっていた。すなわち,トンブクトゥはサハラ砂漠の南縁とニジェール川の北縁との接点に位置し,ラクダと舟という,当時のこの地方での商品を大量輸送する二つの主要手段の中継地だったのに対し,ニジェール川の中州に形成された都市ジェンネは,ニジェール川上流地方(金の主産地)やニジェール川南方のサバンナや森林地帯の黒人の国とトンブクトゥとを結ぶ舟の輸送の中継地,およびトンブクトゥへの食料をはじめとする生活資材の供給地としての役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジェンネの関連キーワードパーク(Mungo Park)ギニア(地方名)ギニア[地域]ソンガイ帝国マリ(国)アフリカ史コング

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android