コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェンネ ジェンネ Djenné

3件 の用語解説(ジェンネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジェンネ(Djenné)

マリ中部、モプティ地方の都市。ニジェール川とその支流バニ川の中州地帯に位置する。ニジェール川北岸の都市トンブクツと内陸を結ぶ水上交易の中継地として発展。旧市街には日干し煉瓦(れんが)を積み上げ、表面に泥を塗って造られたスーダン様式の大モスク泥のモスク)がある。家々が整然と立ち並ぶ街は、1988年「ジェンネ旧市街」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジェンネ

マリ南部にある古都。サハラ砂漠交易の要衝で,トンブクトゥとはニジェール川で結ばれ,水上交易の中継地として発展した。日干しレンガの建物が建ち並び,町の中央には大モスクが聳(そび)えている。
→関連項目マリ帝国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ジェンネ【Djenné】

西アフリカのニジェール川大湾曲部西部(現,マリ共和国)に,おそらく13世紀末ころから発達した交易都市。人口約7000。サハラ砂漠をこえて北アフリカと,ニジェール川上流地方および南方のサバンナや森林地帯との交易の中継地として繁栄した。ほぼ同時代にやはり交易都市として約350km北北東に発達したトンブクトゥと対をなして相補う性格をもっていた。すなわち,トンブクトゥはサハラ砂漠の南縁とニジェール川の北縁との接点に位置し,ラクダと舟という,当時のこの地方での商品を大量輸送する二つの主要手段の中継地だったのに対し,ニジェール川の中州に形成された都市ジェンネは,ニジェール川上流地方(金の主産地)やニジェール川南方のサバンナや森林地帯の黒人の国とトンブクトゥとを結ぶ舟の輸送の中継地,およびトンブクトゥへの食料をはじめとする生活資材の供給地としての役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジェンネの関連キーワードギニア湾ナイジェリアニジェールニジェール川パークバマコニアメ南アフリカCFAフラントンブクツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジェンネの関連情報