スイート(読み)すいーと

  • suite
  • sweet

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

同じメーカーのアプリケーションを集めたパッケージワープロソフトや表計算ソフト、プレゼンテーションソフトなどをセットにしたオフィススイートが代表的。最近では、ソフトウェアどうしの連携機能に注力したものが増えている。代表的な製品に、マイクロソフトのMicrosoft Officeやサン・マイクロシステムズのStarSuiteなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホテルで、居間寝室が一続きになっている部屋。スイートルーム
[名・形動]

㋐甘いこと。また、そのさま。「スイートなキャンディ」
㋑洋酒などの甘口。「スイートワイン」⇔ドライ
甘美なさま。快いさま。「スイートな蜜月(みつげつ)の旅」
恋人。スイートハート。
「私の―は此処(ここ)に居るから」〈荷風あめりか物語
スイーツ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ホテルで、居間と寝室の続いた部屋。
音楽で、組曲のこと。
ワープロや表計算などの複数のアプリケーションソフトを一つのパッケージにまとめたもの。
甘いこと。
(洋酒などの)あまくち。 ⇔ ドライ
形動
甘いさま。 -なフルーツ
甘美なさま。心地よいさま。 -な曲 -な雰囲気

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (suite)
① 「スイートルーム」の略。
※血の来訪者(1961)〈大藪春彦〉半矢「明美の続き部屋(スイーツ)は、五階の半分を占めていた」
組曲のこと。〔洋楽手引(1910)〕
(sweet)⸨スウィート
[1] 〘形動〙 甘いこと。甘美なさま。こころよいさま。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「和(やはら)かな、甘美(スウイト)な光が仄(ぼっ)と天地を包んで了って」
[2] 〘名〙
① 恋。
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「一体恋(スヰート)でありながら金子(かね)をくれろは変な工合だ」
② 愛している人。最愛の人。
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉雪のやどり「私のスヰートは此処に居るから一人で沢山」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスイートの言及

【ピクルス】より

…香りづけに香辛料や香草を加え,瓶詰などにして保存する。酢漬では,砂糖を加えた甘口のものをスイート,甘くないものをサワーと呼ぶ。欧米ではキュウリ,赤キャベツ,小タマネギ,ビート,カリフラワー,チェリーなどをフルーツ酢,ワイン酢などに漬け,冷肉料理の付合せなどに用いる。…

※「スイート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スイートの関連情報