コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカルラッティ スカルラッティScarlatti, Giuseppe Domenico

7件 の用語解説(スカルラッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカルラッティ
スカルラッティ
Scarlatti, Giuseppe Domenico

[生]1685.10.26. ナポリ
[没]1757.7.23. マドリード
イタリアの作曲家,チェンバロ奏者。アレッサンドロの息子。父や F.ガスパリーニに師事。チェンバロ演奏にすぐれ,1709年にローマでヘンデルと演奏を競い合った。同年ローマでポーランド女王マリア・カシミラに仕え,15~19年サン・ピエトロ大聖堂ジューリア礼拝堂楽長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スカルラッティ
スカルラッティ
Scarlatti, Pietro Alessandro Gaspare

[生]1660.5.2. パレルモ
[没]1725.10.24. ナポリ
イタリアの作曲家。オペラおよび室内カンタータの大家。 12歳の年,姉妹とともにローマにおもむいて音楽を修め,B.パスクィーニや A.コレリと交友を結んだ。最初のオペラ『生写しの人』 (1679) の成功で世に知られ,1684年ナポリの宮廷楽長,1707年ローマのサンタ・マリア・マジョーレ聖堂の楽長を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スカルラッティ(Scarlatti)

(Alessandro ~)[1660~1725]イタリアの作曲家。多数のオペラオラトリオなどを作曲し、イタリア‐オペラの完成に貢献した。
(Domenico ~)[1685~1757]イタリアの作曲家・チェンバロ奏者。の子。500曲を超えるチェンバロソナタを作曲し、近代的奏法を創始した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スカルラッティ

イタリアの作曲家。パレルモに生まれ,1672年ころ勉学のためローマに出る。1684年−1703年ナポリ王室礼拝堂楽長。このころからオペラ作曲家として名声を高め,ナポリにオペラの隆盛をもたらすとともに,その作品は国外でも上演された。

スカルラッティ

イタリアの作曲家,ハープシコード奏者。A.スカルラッティの4男としてナポリに生まれる。1701年,父が楽長を務めるナポリ王室礼拝堂のオルガン奏者兼作曲家となる。
→関連項目バロック

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スカルラッティ【Scarlatti】

バロック時代のイタリアの音楽家一族。アレッサンドロとドメニコが特に有名。(1)アレッサンドロAlessandro S.(1660‐1725) パレルモ出身。12歳でローマに出て音楽を学んだ。G.カリッシミの弟子ともいわれる。1684年にナポリ王に招かれて王室礼拝堂楽長となる。フィレンツェほかで職を求めた一時期(1703‐08)を除いてはナポリにとどまった。多数のオペラ・セーリアを作曲してナポリにオペラの隆盛を招いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

スカルラッティ【Scarlatti】

〔Alessandro S.〕 (1660~1725) イタリアの作曲家。一七世紀バロック-オペラを継承し、初期ナポリ派オペラの代表者となった。作品は、オペラのほか、カンタータやミサ曲などがある。
〔Domenico S.〕 (1685~1757) 作曲家・チェンバロ奏者。の子。ポルトガルとスペインの宮廷で活躍。はじめ、オペラやカンタータを書いたが、晩年はチェンバロ音楽の創作に専念、六〇〇曲に及ぶチェンバロ-ソナタは鍵盤音楽および鍵盤楽器奏法の発展に大きな役割を果たした。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

スカルラッティの関連キーワードチャールズ八橋検校定高貿易法チャールズゲオルグ教会逢春門院スチュアート朝野ざらし紀行白隠慧鶴禅師石田梅岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スカルラッティの関連情報