ステップ気候(読み)ステップきこう(英語表記)steppe climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステップ気候
ステップきこう
steppe climate

砂漠気候とともに乾燥気候に属する気候型で,砂漠気候よりも雨が多いために草原となる気候。草原気候ともいう。ステップとは本来中央アジアの広大な草原を意味する。ウラジーミル・P.ケッペンによれば,乾燥限界と砂漠限界との間の気候をさし,その地域は砂漠気候地域を取り巻くように分布する。アジアからアフリカに続く広大なステップ気候地域では,草原の草を飼料として遊牧生活が営まれ,アメリカ大陸の西部オーストラリアの草原でも大規模な企業的牧畜が行なわれている。乾燥限界に近い地域では多少とも雨量が多く,土壌も肥沃で灌漑によって農業も行なわれている。北アメリカのプレーリー西部,アルゼンチンパンパス西部,ロシアの黒土地帯などがこれにあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ステップ‐きこう【ステップ気候】

ケッペンの気候区分による乾燥気候の一。符合はBS。砂漠気候よりはやや湿潤で、丈の低い草原が広がる。中央アジア、マグレブ地域、サハラ砂漠の南、北米中西部、パタゴニア、オーストラリア中部などにみられる。草原気候。
[補説]年平均気温がセ氏18度以上の地域(インド西部・アフリカ・メキシコ・オーストラリア中北部など)をBSh、それ未満の地域(中央アジア・北米・オーストラリア中南部など)をBSkに分けることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ステップきこう【ステップ気候 steppe climate】

乾燥気候の一つで,W.P.ケッペンの気候区分ではBSという記号で表される。草原気候ともいう。年平均気温はやや低いが砂漠気候に似ている。年間降水量は250~500mmくらいで少なく,夏に集中的に短い雨季がある。土壌は肥沃なチェルノーゼムだが,植生は乾燥に強い丈の低い草原(ステップ)を中心に,砂漠に近づくと栗色土となり,さらに短い草原となる。この気候は砂漠の周辺に分布し,アメリカ合衆国グレート・プレーンズ,ラテン・アメリカの乾燥パンパ(単調,平たんな草原)のほか,オーストラリアのグレート・サンディ砂漠,中央・西アジアの砂漠,アフリカのサハラ砂漠の周辺などにみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ステップきこう【ステップ気候】

砂漠の周辺に発達する亜熱帯気候の一。雨量は年間250ミリメートルから500ミリメートル 程度で、比較的少ない。乾季が長く、気温の日較差は大きい。樹木は育たないが、短い草が生え、牧畜が行われる。アメリカ合衆国の西部、アルゼンチンのパンパ(西部)、ウクライナ、オーストラリアの内陸部、サハラ砂漠の周辺、中央アジアに分布する。草原気候。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ステップ気候
すてっぷきこう

砂漠気候(BW気候)に次いで乾燥した気候(ケッペンのBS気候)で、草原気候、半乾燥気候ともいう。半乾燥気候地帯はプレーリー(長草)とステップ(短草)に区分され、前者の地域ではやや降水量が多く安定しているのに対し、後者では降水量は少ない。ステップ気候は乾燥限界の半分以上の降水のある地域と定義され、砂漠気候の周辺で湿潤気候地帯との漸移帯に分布する。年降水量はほぼ250~500ミリメートルで、経年変動が大きい。ケッペンによれば、寒帯草原をツンドラといい、温帯ないし熱帯の草原をステップという。この気候地域ではおもに牧畜が行われ、灌漑(かんがい)可能な地域では農耕も行われる。[深石一夫]
『福井英一郎他編『日本・世界の気候図』(1985・東京堂出版) ▽吉野正敏他編『気候学・気象学辞典』(1985・二宮書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ステップ‐きこう【ステップ気候】

〘名〙 (ステップはstjep') 主として中緯度地方で、砂漠やサバンナ気候に隣接して分布する乾燥した気候。年降水量はおよそ二五〇~五〇〇ミリメートルで砂漠より多く、サバンナより少ない。草原気候。半乾燥気候。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のステップ気候の言及

【乾燥気候】より

…年間の降水量が蒸発量より少なく,低湿度のために樹木が生育しにくく,気温の年較差よりも日較差が大きい気候。この気候帯に属する地域は全陸地の約4分の1も占めるが,年降水量が250mm未満の乾燥の厳しい砂漠気候と,夏に短い雨季をもっていて年間250~500mmの降水量を有するステップ気候に分けられる。砂漠気候下では降雨回数がきわめて少ないが,降ると激しく,その時だけ流水がみられるワジがある。…

※「ステップ気候」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android