コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレプトマイシン streptomycin

翻訳|streptomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストレプトマイシン
streptomycin

C21H39N7O12 。 S.ワクスマンらによって放線菌の一種 Streptomyces griseusの代謝物から発見されたアミノ糖抗生物質。細菌感染症,特に結核治療薬として用いられている。菌のタンク培養液からイオン交換樹脂を用いて単離精製する方法で工業生産されている。強塩基性物質で塩酸塩は白色粉末。溶媒には溶けにくい。細菌の蛋白質合成阻害を主とする作用を有すると考えられている。また,神経筋接合部遮断剤との協力作用が知られている。多用すると聴神経に障害をきたし,難聴になるおそれがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ストレプトマイシン

化学式はC21H29O12N7抗生物質。略称SM。1944年ワクスマンらが土壌中の放線菌から発見した配糖体。グラム陽性菌グラム陰性菌,抗酸菌などに広範囲な抗菌スペクトルをもつ。
→関連項目抗結核薬小児結核土壌細菌副作用ペスト聾唖ワクスマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ストレプトマイシン

 C21H39N7O12 (mw581.58).

 ある種の放線菌が生産する抗生物質.グラム陽性菌,グラム陰性菌に作用し,結核菌にも有効.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストレプトマイシン【streptomycin】

最初に単離された抗結核性抗生物質。1944年,アメリカのワクスマンらによって,アメリカ,ニュージャージー州で得た放線菌Streptomyces griseusの培養液から単離された。ストレプトマイシンの発見により,ペニシリンやサルファ剤が作用しがたいグラム陰性杆菌を含む広範囲の細菌感染症が治癒し,とくに,それまで不治の病として恐れられていた結核が治るようになって,人類に大きな福音をもたらした。また,放線菌を中心に新しい抗生物質を探索する,その後の抗生物質発展の端緒ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ストレプトマイシン【streptomycin】

放線菌の一種ストレプトマイセス属から分離された抗生物質。結核・淋疾・肺炎球菌感染症・細菌性赤痢などの多くの細菌性疾患に有効。特に、結核症の治療に用いられる。副作用として難聴などがみられる。ストマイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストレプトマイシン
すとれぷとまいしん
streptomycin

抗生物質の一つで、抗結核剤。1944年にアメリカの微生物学者ワックスマンが、放線菌であるストレプトミセス・グリゼウスStreptomyces griseusの培養液から抽出した、結核菌に有効なアミノ糖系抗生物質である。硫酸ストレプトマイシンとして使用されている。本剤の発見により結核の死亡率が激減した。パス(PAS、パラアミノサリチル酸)、イソニアジドisoniazidとともに三大抗結核剤として長い間使用されたが、耐性菌の出現と、副作用として難聴が多くみられるようになったこと、またショックもおこることから、新しい抗結核剤へと治療法が移り、使用量は激減している。注射のみで適用され、内服では吸収されない。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のストレプトマイシンの言及

【化学療法】より

…一方,このころ土壌微生物間の拮抗現象(生存競争)の研究に従事していたアメリカのS.A.ワクスマンは,ペニシリン発見の報にも刺激され,土壌放線菌の代謝産物を材料として化学療法剤の開発研究を開始した。44年,結核菌を含めた広い範囲の細菌種に有効なストレプトマイシンが発見された。抗生物質antibioticsと呼ばれることになったこれら微生物由来の抗菌物質は,その後主として大きな製薬会社の手に移って開発がすすめられ,クロラムフェニコール,クロルテトラサイクリン,オキシテトラサイクリン,エリスロマイシンをはじめとして数多くの有効物質が発見されることになった。…

【抗生物質】より

…したがって,抗生物質という言葉も物質も比較的新しいものである。40年以降,ストレプトマイシン,クロラムフェニコール,テトラサイクリンなどのすぐれた抗菌力をもつ抗生物質がつぎつぎに発見され,細菌感染症の治療は飛躍的に進歩した。その後のたゆまぬ新抗生物質の発見とその改良により,不感受性菌や耐性菌の問題もほとんど克服され,長い間恐れられてきた種々の伝染病(結核,赤痢,腸チフスなど)の重圧から人類は解放された。…

【聴覚】より

…音の強さに対する放電数の変化もいちばん多いと思われる。 他方,聴覚障害を生ずる著明なものは結核の特効薬ストレプトマイシン類である。これらの薬物は,有毛細胞の毛の運動に必要な微量のカルシウムイオンCa2+や毛に含まれているリン脂質とよく結合してその作用を妨げることが,日本における研究によって明らかとなった。…

【肺結核】より

…それは有力な肺結核の治療薬が出現しないためでもあった。 しかし,44年に至ってアメリカのS.A.ワクスマンが,土壌の中の放線菌の1種から抗生物質であるストレプトマイシンを発見し,結核化学療法の輝かしい第一歩をふみだした。同年,パラアミノサリチル酸(パス,PAS)が人体に用いられ,46年スウェーデンのO.レーマンによって,その臨床効果が発表された。…

【ワクスマン】より

…アメリカの細菌学者。ストレプトマイシンの発見者として有名。ウクライナのプリルカに生まれ,オデッサで学んだが,1910年アメリカに渡り,ラトガーズ大学に入学,卒業後の16年にアメリカに帰化した。…

※「ストレプトマイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストレプトマイシンの関連キーワードカール・A. フォルカーズアミノグリコシド系抗生物質ストレプトマイシン発酵ストレプトマイシン難聴C.S. ハドソンストレプトミケスカナマイシン発酵プロチオナミドストレプトースサイクロセリンパス(PAS)肺炎球菌感染症バイオマイシンストマイつんぼリステリア症農用抗生物質カナマイシン加藤弁三郎細菌性赤痢ブルセラ症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストレプトマイシンの関連情報