チョーク(岩石)(読み)ちょーく(英語表記)chalk

翻訳|chalk

日本大百科全書(ニッポニカ)「チョーク(岩石)」の解説

チョーク(岩石)
ちょーく
chalk

石灰質の殻(から)をもつ浮遊性の単細胞生物の遺骸(いがい)と非常に微細な方解石とからなる岩石。一般に多孔質、細粒で、あまり硬くなく、もろくて壊れやすい。白色または灰白色を呈し、約90%以上が炭酸カルシウムからなる。この岩石を構成する生物遺骸はおもに単細胞植物の一種コッコリスで、ほかに有孔虫、アンモナイト、ウニ、二枚貝なども含まれていることがある。北フランスからイギリスにかけて分布する白亜紀の地層によく知られており、イギリス海峡の両岸のものはとくに有名である。白亜はチョークの訳語である。

[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android