コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノメドリ Fratercula corniculata; horned puffin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノメドリ
Fratercula corniculata; horned puffin

チドリ目ウミスズメ科。全長 32~37cm。夏羽(→羽衣)では,喉と頭上から背面にかけて黒い。基部からのまわり,耳羽など顔全体が白く,胸から腹も白い。眼の上には角のような肉質の黒い突起があり,眼の後方から後頭まで黒い線が走る。嘴は縦に扁平で先端が赤く,基部側が黄色で,口角という上下の嘴の接合部が橙黄色。冬羽では顔は黒ずんだ灰色になる。嘴も黄色の外層がとれて黒青色になり,先端部も口角も色があせる。眼上の突起物はなくなる。オホーツク海周辺,カムチャツカ半島東部,ベーリング海からアラスカ半島を経てカナダのブリティシュコロンビア州沿岸にかけて繁殖分布する。島の急傾斜の岩場や崖地で営巣し,岩の割れ目や間のくぼみなどに巣をつくる。冬季は沖合いや南に生息範囲を広げる。日本では冬季に北海道海上に渡来するほか,東部の海上では夏にもまれに観察される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツノメドリ
つのめどり / 角目鳥
horned puffin
[学]Fratercula corniculata

鳥綱チドリ目ウミスズメ科の鳥。ベーリング海のアラスカからアリューシャン列島、千島列島など北太平洋北部の寒流域に分布、繁殖している。日本では夏季の記録もあるが、普通は冬鳥として少数が北日本の海岸に渡来するのみである。全長35.5センチメートル。頭上と体の背面は黒色で、顔と腹は白色。顔の目の部分に角(つの)のような形をした皮膚がある。嘴(くちばし)は縦に平たくて体に比べて大きく、先のほうが赤色で基のほうが黄色をしている。足は赤っぽい。
 近似種のニシツノメドリF. arcticaは、大西洋北部の寒流域に分布する種で、生態はエトピリカ、ツノメドリに酷似する。全長30センチメートル。嘴の基部は灰色をしている。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツノメドリの関連キーワードキーナイ・フィヨルド国立公園Saint Kildaウミスズメ(海鳥)ドラングエイ島サンバラ岬パフィン角目鳥

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツノメドリの関連情報