コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノートル・ダム大聖堂 ノートルダムだいせいどう

百科事典マイペディアの解説

ノートル・ダム大聖堂【ノートルダムだいせいどう】

正称はカテドラル・ノートル・ダム・ド・パリ。パリのシテ島にあるフランス・ゴシックの代表的聖堂。12世紀半ばに起工,13世紀半ばに完成,ゴシック建築の初期から盛期への発展を示す。
→関連項目コットシテ[島]パリビオレ・ル・デュクブールジュ大聖堂モントロー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノートル・ダム大聖堂
のーとるだむだいせいどう
Cathdrale Notre-Dame de Paris

パリのシテ島に建つ聖母(ノートル・ダム)に捧(ささ)げられた大聖堂。パリの最初のカテドラル(司教座をもった聖堂)は5世紀のサンテティエンヌ聖堂で、7世紀初頭には同じ場所に聖母に捧げられた聖堂が建った。現在の大聖堂は1163年に司教モーリス・ド・シュリの指揮のもとに新たにゴシック様式で着工されたものである。内陣部は1182年に仕上がって献堂式が行われ、身廊と翼廊部は1200年までに、翼廊部の拡張工事と西正面玄関の外壁面は1250年までに完成した。14世紀初頭には内陣部の諸祭堂が完成して、堂内奥行が130メートルの壮大な五廊式聖堂となった。身廊部は幅が12メートル、天井の高さは35メートルで、両側壁面は列柱を経てトリフォリウム、高窓の均衡のとれた美しい三層構成となっている。また正面玄関の幅は41メートル、左右の塔の高さは63メートルである。17世紀末には内部の改造が、1771年には西正面外壁の改築が行われ、フランス革命期の1793年にはとくに外壁を飾る彫刻群が大破壊を受けた。19世紀にラシュスやビオレ・ル・デュクおよび彫刻家ジョッフロア・デショームによる大修復がなされて今日に至っている。
 西正面玄関部の彫刻は、3個の扉口上部のタンパン(半月形壁面)の浮彫りだけがオリジナルで、扉口左右にせり出した人像柱(スタテュ・コロンヌ)は19世紀の修復による。中央扉口のタンパンは「最後の審判」を表し、左右のタンパンはそれぞれ聖母および聖母の母である聖アンナに捧げられている。扉口上部の「王のギャラリー」の28体の『旧約聖書』の王たちの彫像も19世紀の復原によるが、フランス革命期に破壊された彫像の断片が1977年に発見された。南翼廊部の扉口は聖エティエンヌ(ステパノ)に捧げられ、北翼廊部の扉口は「回廊の門」とよばれて、それぞれ13世紀中ごろのタンパン浮彫りをもつが、北の扉口にはフランス革命の破壊を免れた唯一の彫像の「聖母子像」がみられる。13世紀に制作されたステンド・グラスのうち、今日残るのは西正面のバラ窓(直径9.60メートル)、南北翼廊の2個のバラ窓(直径13メートル)を飾るステンド・グラスだけである。さらに北翼廊のバラ窓はほぼ完璧(かんぺき)な保存状態にあるが、ほかは19世紀の大幅な修復を受けている。なお、この大聖堂のあるパリのセーヌ川の河岸は1991年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[名取四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノートル・ダム大聖堂の関連キーワードルイ・ヴィクトール ヴィエルヌペトルス・ロンバルドゥスペトルス・ロンバルドゥスフライング・バットレスバイユーのタピスリールクセンブルク[市]ノートル・ダム楽派ビオレ・ル・デュクノートル・ダム楽派パリのセーヌ河岸サンリス大聖堂レスコルネルモントルイユバルバートルコシュローフレッシュル・ピュイトゥールネル・ブランクローデル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android