コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマシギ Calidris alpina; dunlin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマシギ
Calidris alpina; dunlin

チドリ目シギ科。全長 17~21cm。夏羽(→羽衣)は頭上から後頸が淡い赤褐色地に縦斑がある。肩羽は各羽の中央が黒く,縁が幅の広い赤褐色でまだら模様になる。雨覆羽,風切羽は灰色だが,各羽の縁が淡くうろこ模様をつくっている。腹面はくすんだ白色だが,胸に黒い縦縞があり,腹の中央が黒い。冬羽では背面が灰褐色になり,腹は白い。イギリスバルト海地方からカムチャツカ半島アリューシャン列島ハドソン湾西部などより北の冷帯寒帯で繁殖する。繁殖後はスカンジナビア半島南部以南のヨーロッパアフリカ北部から中東インド北部,中国東南部,日本,カナダのブリティシュコロンビア州アメリカ合衆国からメキシコにかけての沿岸に渡る。日本には渡りの途中に立ち寄るほか,本州中部以南には冬鳥(→渡り鳥)として渡来する。干潟や河口に群れをつくってすみ,泥中の無脊椎動物を食べる。(→渉禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハマシギ

シギ科の鳥。翼長12cm。小型のシギで,くちばしは長く下方に湾曲。ユーラシアと北米の北極海沿岸の草地やツンドラで繁殖し,冬季は赤道より北の熱帯で越冬する。日本へは春と秋に旅鳥として渡来し,数の多いシギのひとつ。
→関連項目藤前干潟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマシギ
はましぎ / 浜鷸
dunlin
[学]Calidris alpina

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアおよび北アメリカの極北部で繁殖し、冬は南へ渡る。日本には冬鳥または旅鳥として多数渡来する。全長約21センチメートル、嘴(くちばし)はすこし長くて下に曲がっている。夏羽は体の上面は赤褐色、下面は白くて腹に大きな黒斑(こくはん)があるが、冬羽になると下面にはこの黒斑が消え、上面は灰褐色になる。海岸や河口の干潟に大群ですみ、トビムシや小さな貝を食べる。数百羽の群れをなして飛ぶが、飛翔(ひしょう)中に一斉に向きを変えるときのようすはみごとである。ツンドラの地上に営巣する。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマシギの関連キーワードシロチドリ高野伸二キリアイヘラシギ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハマシギの関連情報