コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハマシギ ハマシギCalidris alpina; dunlin

3件 の用語解説(ハマシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハマシギ
ハマシギ
Calidris alpina; dunlin

チドリ目シギ科。全長 21cm。夏羽は背面赤褐色で黒い縦斑があり,下面は汚白色であるが,腹の中央が黒い。冬羽は背面灰褐色。ユーラシア大陸および北アメリカの北部で繁殖する。日本には旅鳥または冬鳥として多数渡来し,干潟や川岸に群れをつくってすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ハマシギ

シギ科の鳥。翼長12cm。小型のシギで,くちばしは長く下方に湾曲。ユーラシアと北米の北極海沿岸の草地やツンドラで繁殖し,冬季は赤道より北の熱帯で越冬する。日本へは春と秋に旅鳥として渡来し,数の多いシギのひとつ。
→関連項目藤前干潟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハマシギ
はましぎ / 浜鷸
dunlin
[学]Calidris alpina

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアおよび北アメリカの極北部で繁殖し、冬は南へ渡る。日本には冬鳥または旅鳥として多数渡来する。全長約21センチメートル、嘴(くちばし)はすこし長くて下に曲がっている。夏羽は体の上面は赤褐色、下面は白くて腹に大きな黒斑(こくはん)があるが、冬羽になると下面にはこの黒斑が消え、上面は灰褐色になる。海岸や河口の干潟に大群ですみ、トビムシや小さな貝を食べる。数百羽の群れをなして飛ぶが、飛翔(ひしょう)中に一斉に向きを変えるときのようすはみごとである。ツンドラの地上に営巣する。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハマシギの関連キーワード滋賀・園児殺害リカちゃんオオバンオズマ計画ギンケイ(銀鶏)航空写真星間物質ハイタカハリネズミヒグマ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハマシギの関連情報