コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグバン big bang

翻訳|big bang

デジタル大辞泉の解説

ビッグ‐バン(big bang)

宇宙の始めの大爆発。ガモフらが唱えた説で、約150億年前に起こった大爆発により、超高温・超高密度の状態から急膨張しはじめ、急激な温度降下の過程で素粒子を生成し、今日の宇宙ができたとする。膨張宇宙宇宙背景放射元素の存在比などが証拠とされる。
1986年に実施された英国証券市場制度の大改革。手数料自由化、取引所会員権の開放などに代表される金融・証券自由化政策を骨子とする。転じて抜本的改革等をいう。
平成8年(1996)に橋本龍太郎首相が具体化を指示した、銀行・証券・保険の相互参入の促進など、護送船団方式によって守られてきた金融システムに対する改革案のこと。2になぞらえた呼称。金融ビッグバン日本版ビッグバン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ビッグバン【big bang】

宇宙のはじめの大爆発をいう。宇宙が,今から約150億年前に起こった大爆発によって生まれたとする宇宙起源説で,火の玉宇宙論とも呼ばれる。現在広く受け入れられている標準的膨張宇宙理論(標準宇宙論)は,ビッグバンを起源とするものである。そのため,しばしばビッグバン宇宙論は標準宇宙論と同一の意味でも使われる。 現在,宇宙が膨張していることは,遠方の銀河ほど大きな速度でわれわれの銀河系から遠ざかっていることからわかっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ビッグバン【big bang】

宇宙の初めに起こり、現在の膨張宇宙に至ったと説く、大爆発のこと。この説では、宇宙が有限時間の過去において非常に高温・高密な状態から爆発的に膨張を始めたとし、急激な温度降下の過程で素粒子の生成・分化の経過を解明することを試みる。膨張宇宙・宇宙背景放射はビッグ-バンを裏づける観測結果と考えられている。
金融市場の活性化を目的とする、金融分野の規制緩和、完全自由化を中心とした大規模な改革の俗称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のビッグバンの言及

【宇宙】より

… こうして50年代を境に,その後の観測や研究は,天文学ばかりでなく人間の宇宙観,自然観をそれ以前のものとまったく違うものにした。宇宙はおよそ200億年以前にビッグバンで爆発的に開闢したものであり,それ以来続いている膨張の中で元素も恒星も銀河も生まれ進化してきたのであり,われわれ自身もまさに宇宙進化の産物であり宇宙の一部であるという進化宇宙論の考えもそんな一例である。
【宇宙の現状】

[宇宙の階層構造]
 観測から知られる宇宙の特徴はいろいろあるが,その一つの側面は宇宙の階層的構造である。…

【天文学】より

…さらにスペースシャトルを利用してスペース望遠鏡やスペース天文台を運営する時代になりつつある。【藪内 清】
【最近の天文学】

[宇宙論]
 膨張宇宙は,遠い銀河ほど遠ざかる速度が比例的に増大するE.ハッブルの関係式が一様等方宇宙に対するアインシュタイン方程式のフリードマン解と一致することにより,観測的にも理論的にも多くの支持を得ていたが,1965年アメリカのペンジアスA.PenziasとウィルソンR.Wilsonとが3Kの宇宙背景放射を発見して,ビッグバンと称する超高温超高密度の宇宙初期の大爆発モデルが確立した感がある。ビッグバンの初期は素粒子の宇宙で,ほぼ等量ある物質,反物質は光速で宇宙が膨張するにつれて重い粒子から対消滅し,余剰が物質として残るが放射優勢の宇宙となる。…

※「ビッグバン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビッグバンの関連キーワードイナズマイレブンGO ギャラクシービッグ・バン(Big Bang)3K宇宙背景放射温度ゆらぎクオークグルオンプラズマインフレーションモデル大阪府堺市南区茶山台インフレーション宇宙ビッグバン(宇宙)金融システム改革法自発的対称性の破れソフトウエアテストウィンブルドン方式3K宇宙背景輻射会計ビッグバン金融サービス法ビッグクランチ宇宙の暗黒時代ビッグバン説素粒子物理学国際会計基準

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビッグバンの関連情報