ピケ(英語表記)pique

  • piqué
  • 〈フランス〉piqué
  • フランス

翻訳|pique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原料を問わず,織物表面形態を表わす名称。刺し子繍されたののフランス語 piquéに由来する。本来のピケ織は,二重織の組織で,布面に横うねまたは菱形,横波形のある織物をいうが,一般には縦うねのあるベッドフォードコード織を呼ぶことが多い。綿ピケは夏服に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

縦の畝(うね)を浮織にした平織の織物。綿が多いが,麻,毛,化繊,合繊もある。菱(ひし)形など模様を浮織にしたものは紋ピケという。白地や無地が多く夏服地に用いられる。厚地は夏の帽子,チョッキなどにする。
→関連項目畝織

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

平織の表面に横方向の畝(うね)模様をあらわした織物。縦方向に畝のあるベッドフォード・コード織をピケと呼ぶこともある。フランス語のpiquer(刺子(さしこ)にする)に由来する。木綿が多いが,毛,絹,アセテート,レーヨンナイロンなどでも作られる。織柄を生かして漂白した純白のものや無地染が多い。表面に立体感があり,通気性に富むため夏物衣料や帽子,衿飾りなどの服飾品に,また自動車の内張りなどにも用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピケットの略。 -をはる
うねを織り出した織物。多く木綿織物で、夏の帽子・服地などに使う。ピケ織り。浮き出し織り。ピッケ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピッケ、浮出織ともいい、経(たて)または緯(よこ)二重の組織で、接結点によって布面に横方向の畝(うね)または菱(ひし)形、その他の模様を表した厚地の織物。ときには縦方向に畝のあるベッドフォード・コードBedford cordのことをピケということがある。材料は絹、毛、木綿、合繊などが使われ、非常に厚地でじょうぶな生地(きじ)であることから、夏帽子、婦人服、椅子(いす)カバー、ブラウス地などに使用される。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「ピケット」「ピケッティング」の略。〔モダン用語辞典(1930)〕
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉デスク商売往来「大勢の部員が拱手傍観、いやピケしている中を部長一人で仕事をさせるわけにも行くまいし」
〘名〙 (piqué) 織物の一種。経緯二重の組織で、接結点によって布面に縦方向の畝(うね)または菱形などの模様を現わしたもの。木綿がふつうだが、ウールなどもある。夏帽子・婦人服・椅子カバーなどに使用。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
※燃ゆる限り(1953‐54)〈佐多稲子〉三「紺のピケのツウピース」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピケの関連情報