コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルミウム fermium

翻訳|fermium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルミウム
fermium

元素記号 Fm ,原子番号 100。周期表3族のアクチノイド元素で,超ウラン元素の1つ。質量数 250から 255にいたる6種の同位体が知られ,いずれも放射性がある。 1953年 A.ギオルソ,G.シーボーグらによって発見され,E.フェルミにちなんで命名された。水溶液中では酸化数3を示す。フェルミウム 254は半減期 220日で自発核分裂を起して壊変する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フェルミウム

元素記号はFm。原子番号100。超ウラン元素の一つ。1952年11月太平洋で行われた熱核爆発実験の灰の中から,シーボーグらが1953年1月発見,フェルミにちなんで命名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェルミウム【fermium】

周期表元素記号=Fm 原子番号=100電子配置=[Rn]5f116d17s2 おもな酸化数=III周期表第IIIA族に属し,アクチノイド元素の一つ。1952年11月太平洋で行われた熱核爆発実験によって生じた灰の中からアインスタイニウムとともに発見され,53年1月イオン交換樹脂によって分離されて,100番元素であることが確認された。発見に寄与したのは,アメリカのギオーソA.Ghiorso(1915‐ )ら多くの人々で,イタリアの物理学者E.フェルミにちなんで命名された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フェルミウム【fermium】

アクチノイドの一。元素記号 Fm  原子番号100。超ウラン元素の一つで、同位体はすべて放射性。最も半減期の長い核種の質量数は二五七で94日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルミウム
ふぇるみうむ
fermium

アクチノイドに属する人工放射性元素の一つ。原子番号100、元素記号Fm。98番元素カリホルニウムの合成(1950)に引き続き、高密度中性子束照射、重原子イオン衝撃などの方法による99番、100番元素の合成が試みられ、それらはのちに成功したが、最初に生成が確認されたのは1952年の太平洋エニウェトク環礁での水爆実験においてであった。軍事上の理由からその科学的報告は99番元素アインスタイニウムとともに1954年まで延期された。原子力エネルギー開発に貢献した物理学者のフェルミを記念して命名された。水溶液中ではアクチノイドに典型的な3価陽イオンになる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェルミウムの関連キーワードフェルミ(Enrico Fermi)フェルミウム(データノート)原子量一覧/元素名順ダームスタチウムレントゲニウムFM

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android