フグ(河豚)(読み)フグ

百科事典マイペディア「フグ(河豚)」の解説

フグ(河豚)【フグ】

関西以西ではフクとも。狭義にはフグ科の魚の総称広義にはハコフグ科やハリセンボン科の魚を含める。フグ科は日本産約34種,トラフグマフグショウサイフグヒガンフグなどが食用とされる。いずれも上下顎にそれぞれ2枚ずつの歯板があり,また胃にある袋に水または空気を入れて体をふくらませることができる。フグ毒はテトロドトキシンといわれ,種類によって差があるが,主として卵巣,肝臓などに含まれる。天然のフグに比べて養殖したものの毒性が低いので,テトロドトキシンは餌を介して外から取りこんでいると考えられている。刺身,ちり鍋(なべ)などに料理するほか,干物もつくる。食用の歴史はきわめて古く,各地の貝塚から骨が出土している。
→関連項目ふく料理

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「フグ(河豚)」の解説

フグ【フグ(河豚) puffer】

フグ目フグ科Tetraodontidaeに属する海産魚の総称。広義にはフグ目のイトマキフグ科Aracanidae,ハコフグ科Ostraciontidae,ハリセンボン科Diodontidaeなどの魚を含めていう場合もあるが,以下,狭義のフグ科魚類について述べる。 関西以西ではフクと呼ぶ地方が多い。体の全長クサフグが10cm内外,ほかの種類はほとんど20~40cmのものが多いが,トラフグは70cmに及ぶものがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフグ(河豚)の言及

【魚貝毒】より

…食中毒に関連してこれまで研究された主な魚貝毒を次に示す。
[フグ]
 日本の動物性自然毒中毒の大半を占め,死亡率も約50%と高い。毒の本体はテトロドトキシンで,15μg/kgの皮下注射でマウスを殺す猛毒である。…

※「フグ(河豚)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android