コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラッグ ぶらっぐSir William Lawrence Bragg

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラッグ(Sir William Lawrence Bragg)
ぶらっぐ
Sir William Lawrence Bragg
(1890―1971)

イギリスの物理学者。W・H・ブラッグの長男で、オーストラリアのアデレードに生まれる。同地の大学に入学したが、1909年父の転任に伴ってイギリスに渡り、ケンブリッジのトリニティ・カレッジに入った。1912年卒業してすぐにラウエの結晶によるX線回折の論文に接し、その解析方法に疑問をもち、「ブラッグの法則」を導いた。引き続いて父とともにアルカリハライド結晶を手始めとしてX線による定量的な結晶構造解析の手法を確立し、1915年父とともにノーベル物理学賞を受賞。以後もケイ素化合物、合金、生体物質などの解析に次々と取り組み、化学や鉱物学など多くの分野に貢献した。1919年マンチェスター大学教授、1937年国立物理学研究所長、1938年キャベンディッシュ研究所長を歴任、1954年から1966年まで王立研究所長を務めた。[川合葉子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブラッグの関連キーワードモーズリー(Henry Gwyn Jeffrey Mosely)ブラッグ(Sir William Henry Bragg)ブラッグ反射X線鉱物学生物物理学X線結晶学ケンドルー寺田寅彦ペルツ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブラッグの関連情報