コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘプバーン Hepburn

翻訳|Hepburn

4件 の用語解説(ヘプバーンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ヘプバーン【Hepburn】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヘプバーン

米国の映画女優ベルギー生れ。イギリス映画界でデビューブロードウェーの舞台で《ジジ》出演後ハリウッド入り。W.ワイラー監督《ローマの休日》(1953年),ニューヨークの宝石店ティファニーを観光名所にした《ティファニーで朝食を》(1961年),C.グラントと共演した《シャレード》(1963年),《おしゃれ泥棒》(1966年)などに出演し,世界的人気のある清純派スターだった。
→関連項目キューカークーパージバンシー真実の口ドーネンペック

ヘプバーン

米国の映画女優。コネティカット生れ。1928年舞台にデビュー。《愛の嗚咽》(1932年)で映画界にも登場,H.ホークス監督,C.グラント共演のスクリューボール・コメディ赤ちゃん教育》(1938年)などで才能を示した。
→関連項目キューカー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヘプバーン【Katharine Hepburn】

1907‐2003
アメリカの映画女優。コネチカット州ハートフォードの名門家庭の生まれ。父は外科医,母は熱心な婦人参政権論者で産児制限運動家。はやくから演劇にひかれ,12歳のときからアマチュア劇団に加わり,カレッジ演劇で経験をつむ。1928年に卒業して結婚(1932年離婚),ボルティモアの劇団でデビュー後,勝気な性格ときたんなさのためしばしば役をおろされながらブロードウェーの《勇士の夫》(1932)で成功し,RKOに招かれてジョージ・キューカー監督の《愛の嗚咽》(1932)でジョンバリモアの相手役として映画にデビュー。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヘプバーンの関連キーワードアメリカの声アングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカンアメリカンチェリー亜米利加アメリカの空アメリカの友人静かなアメリカ人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヘプバーンの関連情報