ボーリング(英語表記)Boring, Edwin Garrigues

  • Bowring, Sir John
  • boring
  • bowling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1886.10.23. フィラデルフィア
[没]1968.7.1. マサチューセッツ,ケンブリッジ
アメリカの心理学者。コーネル,クラーク大学教授を経て,ハーバード大学教授。 E.B.ティチェナーに師事したが,構成心理学立場に固執せず,操作主義を採用するなど事実に忠実な科学主義的立場を取った。主著『実験心理学史』A History of Experimental Psychology (1929) ,『実験心理学史における感覚と知覚』 Sensation and Perception in History of Experimental Psychology (42) 。
[生]1792.10.17.
[没]1872.12.23.
イギリスの文筆家,外交官,言語学者。中国名は包会。哲学者 J.ベンサムに傾倒し,雑誌『ウェストミンスター・レビュー』を創刊した。 1841年下院議員となり,自由貿易主張。 49年広東領事。 54年ホンコン総督に任命された。 55年にタイにおもむき,2年後に通商条約を締結した。著書シャム王国人民』 The kingdom and people of Siam (1857) はその記録である。このほかにも通商使節として 58年にフィリピン,61年にイタリアを訪れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

地中に深い孔をあけること。試錐とも。さく(鑿)とほぼ同義。地質調査探鉱の目的で行われる場合と,油井,通気孔,発破孔などの掘さくのように孔そのものを利用する目的の場合とがある。一般の土木工事,地下水・温泉・地熱の探査・開発の際にも行われる。陸地のほかやぐらや船上から海底のボーリングも行われる。先端部にダイヤモンド,超硬合金あるいは特殊鋼の刃(ビット)を装着した軸を高速度で回転するか,またはそれで岩石を衝撃してせん孔する。駆動には電動機,内燃機関,圧縮空気などを用いる。地質調査・探鉱のためのボーリング機械では,せん孔した部分の岩石が採取できるように工夫されている。
→関連項目コアボーリング鉱山機械鑿井試掘石油石油探査探鉱綱掘り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビットによる圧砕作用または切削作用によって,地殻に比較的小径で深い穴を掘ること。試錐あるいは掘削ともいう。石油,天然ガス,地熱などの採取を目的とする坑井の場合にはさく井ともいう。
[目的]
 地下の地質試料としてコアの採取を目的とするもの,地下資源の採取のための坑井をつくることを目的とするもの,その他の目的をもつものとに大別される。見方を変えると地表より垂直あるいはある角度でボーリングするものと,坑道あるいはトンネル内より水平あるいは種々の角度でボーリングするものとに分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1886年10月23日
アメリカの心理学者
1968年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (boring)
① 穴をあけること。くり抜くこと。穿孔。
② 地質調査や地下資源の採取などを目的として地中に細く深い穴を掘ること。試錐(しすい)
※東京日日新聞‐明治三〇年(1897)八月二九日「工務課にては此程よりボーリングに着手したりと」
〘名〙 ⇒ボウリング

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボーリングの関連情報