コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマシギ ヤマシギScolopax rusticola; Eurasian woodcock

3件 の用語解説(ヤマシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマシギ
ヤマシギ
Scolopax rusticola; Eurasian woodcock

チドリ目シギ科。全長 35cm。額は灰色で,頭,背,尾,翼上面は褐色地に白,黒,黄褐色の横斑が密にある。胸腹部は黄灰褐色で,黒褐色の横斑がある。嘴は長く,脚は短い。頭部から胴体はまるまるとした感じで,翼も幅広く,全体として太った感じがする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤマシギ

シギ科の鳥。翼長20cm。羽色は黒と赤褐色と灰色の斑。ユーラシア大陸中部に分布し,日本では北海道,本州,伊豆七島の森林で繁殖,冬は暖地に漂行する。夜活動し,水田や湿地の土中に長いくちばしをさしこんでミミズ等を食べる。
→関連項目シギ(鴫/鷸)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマシギ
やましぎ / 山鷸
woodcock
[学]Scolopax rusticola

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの中部で繁殖し、冬、南へ渡るものもある。日本では本州中部地方以北、伊豆諸島で繁殖し、冬は温暖な地方に移動する。全長約35センチメートルに達し、体は太り、黒、赤褐色、灰白色などの細かい複雑な斑紋(はんもん)がある。後頭部には黒い横帯が目だつ。嘴(くちばし)はまっすぐで長く、目は大きくて、普通の鳥より上方についている。繁殖期には平地から山地のよく茂った林にすみ、落ち葉の多い地上に巣をつくる。体の色が落ち葉と見分けにくいため、抱卵中の鳥は外敵にみつからずにすむ。雄は夕方から独特の不規則な羽ばたきをして森の上を飛び回り、チキッ、チキッ、ウーウーと鳴く。飛び立つときは羽音をたてる。秋冬には低地の竹林や雑木林にいて、夕方から活動を始め、ミミズなどをあさる。狩猟の対象として昔から珍重され、現在も1猟期に3万~5万羽が銃猟される。コッカースパニエルは、ヤマシギ猟のために改良作出された猟犬である。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤマシギの関連キーワードダックスフンドノンステップバスウサギギクカイチュウ(回虫)カマキリ(魚類)カモメ(鴎)キスケンサキイカシュロソウ戦艦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマシギの関連情報