コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レア れあrhea

翻訳|rhea

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レア(鳥)
れあ
rhea

広義には鳥綱ダチョウ目レア科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Rheidaeには、レアRhea americanaとダーウィンレアPterocnemia pennataの2種がある。ダーウィンレアはレアよりやや小形で、背や翼に白い小斑(しょうはん)があり、ペルー南部からマゼラン海峡に至るアンデス山地に分布する。
 種のレアは頭高約1.7メートル、体重約25キログラム。一見ダチョウに似た大形の走鳥類でアメリカダチョウともよばれ、ダチョウよりはずっと小さいが、新世界の鳥のなかではいちばん重い。ダチョウと違って頭頸(とうけい)部やももは羽毛に覆われ、皮膚が裸出していない。翼は退化して小さく、足はじょうぶで、足指は3本ある。全身灰褐色で、雌雄は同色であるが、雄は雌よりすこし大きい。ブラジル東部からアルゼンチン中部までの草原にすむ。食物は草、根、種子などの植物質を主食とし、昆虫類やミミズなどの小動物も食べている。群れで生活し、繁殖期以外は20~30羽(ときには60羽以上)の群れをつくっている。繁殖期になると雄は縄張り(テリトリー)を構え、多くの雌の前でディスプレーを行って、雌を獲得する。それから雄は地面に大きなくぼみをつくり、若干の草を敷いて産座とし、交尾した雌をその巣に導く。一つの巣には普通5、6羽の雌が数日置きに1卵ずつ何回か産卵するので、1巣の卵は15~20個またはそれ以上もある。抱卵期間は約40日である。抱卵と育雛(いくすう)は雄の役割で、雛(ひな)は雄について巣を離れる。約5か月で雛は成鳥なみの大きさとなるが、成鳥となるには2~3年かかる。動物園でもよく飼われ、飼育下でも容易に繁殖する。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レアの関連キーワードサバンナ(植生帯)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レアの関連情報