レオ[10世](読み)レオ

百科事典マイペディア 「レオ[10世]」の意味・わかりやすい解説

レオ[10世]【レオ】

ローマ教皇(在位1513年―1521年)。メディチ家出身。フランス国王フランソア1世のイタリア侵入に対抗,1516年〈ボローニャ協定〉を結んで教権を守った。サン・ピエトロ大聖堂新築資金を集めるためドイツ免罪符を販売させルター批判を招いた。ミケランジェロやラファエロらの芸術家を庇護したことでも知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android