コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レナ川 レナがわreka Lena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レナ川
レナがわ
reka Lena

ロシア東部イルクーツク州サハ共和国を流れ,北極海に注ぐ大河。全長 4400km。流域面積 249万km2バイカル湖北西岸のバイカル山脈西斜面に源を発し,ビチム川の合流点までの上流部は,西,北,北東と方向を変えながら狭い河谷を流れる。それより下流は河谷が広くなり,谷幅は最大 30kmになる。ヤクーツクまでの中流部は山地,高地の間をほぼ東流するが,それより下流は北へ流れを変え,西の中央シベリア台地と東のベルホヤンスク山脈の間に広がる平地を流れ,河口に面積 3万km2の三角州をつくりながらラプテフ海に注ぐ。上流部は 11月初め~5月,下流部は 10月~6月に結氷する。主要支流は左岸のビリュイ川,右岸のキレンガ川,ビチム川,オリョクマ川アルダン川。流域は永久凍土帯に入り,大部分は森林地帯であるが,北緯 71°以北はツンドラ地帯となる。流域にはダイヤモンド,金,雲母,石炭,天然ガスなどが埋蔵されており,開発が進められている。下流部では漁業が盛んである。沿岸主要都市は上流からウスチクートキレンスク,ビチム,レンスク,オリョクミンスク,ヤクーツク,ジガンスク,ブルンで,河口からウスチクートまで航行可能,小舟はさらに上流のカチュグまで遡行できる。サハ共和国中央部,レナ川沿岸に見られる高さ約 100mに及ぶ石柱は自然公園に指定されており,2012年世界遺産の自然遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レナ‐がわ〔‐がは〕【レナ川】

LenaЛена》ロシア連邦東部を流れる川。バイカル湖の西の山地に源を発して北東に流れ、ヤクーツク付近から北流して北極海に注ぐ。長さ4400キロ。冬季は結氷。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レナ川
れながわ
Лена Lena 

ロシア連邦東部、東シベリアを流れる川。全長4400キロメートル、流域面積249万平方キロメートル。バイカル湖西岸のバイカル山脈の標高930メートルに源を発し、ヤクーツク付近まで北東方向に流れ、これより下流は北流して、北極海のラプテフ海に3万平方キロに及ぶ広大なデルタを形成して流入する。上流では10月末ないし11月初めから5月中旬まで、下流では9月末から6月初旬まで結氷する。河口からウスチクトまで(小型船はカチュークまで)航行可能。可航期間は短いが、ロシア連邦を構成するサハ共和国の主要な交通路となっている。おもな河港は、キレンスク、ビチーム、レンスク、オリョクミンスク、ヤクーツク、ジガンスクなどである。おもな支流は上流からビチーム川、オリョクマ川、アルダン川、ビリュイ川である。流域は豊富な地下資源に恵まれており、金、ダイヤモンド、銅などが産出する。また、中流にレナ炭田があるほか、天然ガスが採掘されている。[宇根 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レナ川の関連キーワードグラフィラ ヴァシーレヴィッチベルホヤンスク[山脈]ヤブロノイ[山脈]レナ石柱自然公園中央シベリア高原オクラドニコフダーリング山脈シベリア台地ビリュイスクステパーノフアルダン高原パトム高原ミールヌイヤクート語ドルガン族チョーナ川ポヤルコフユカギールレナ事件アムガ川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レナ川の関連情報